スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小説の神様」 感想

感想書くのもあまりにも久しぶりだが、本を読んだあと「とにかく今すぐ感想を書きたい!」という気分になった本は本当に久しぶりである。



最初読み始めた時は「まーた最近はやりの作者系主人公かぁ」とも思ったものだったが、そんな辟易した気持ちとは裏腹に、鬱屈した主人公の語りと、ヒロインとの軽妙なやりとりのバランスがよく、物語に徐々に引き込まれていった。

書きたいものが売れない。売れないと続きが書けない。でも書きたいものを書きたい……。

そんな主人公の心情がひしひしと伝わってくる。
自分の書いた物語の世間の評価と、それでも自分の文章を認めてくれている編集者や友人や後輩。
不承不承ながらも売れっ子作家であるヒロインが共同で本を作るという状況になってからは、順調に作業が進んだ時、
「やはり小説を書いていいんだ」という希望があった。

だが、デビュー作の文庫化が決まったものの、発売2週間での打ち切り。
売上や部数というリアルにうちのめされる主人公。

心身ともに打ちのめされ、自暴自棄になり自分もヒロインも傷つけた主人公に友人がかけた言葉に不覚にも涙が出た。

「千谷一夜という作家のデビュー作。俺の好きな本だ。めちゃくちゃ面白いぞ」

この一文に、物語の全てが詰まっていると思う。
もちろんこの台詞だけで主人公は立ち直ったわけではない。それでもまた歯を食いしばり、執筆という戦いに身を投じるきっかけとなったはずだ。

そして物語は終焉を迎える。

過去に何度か書いたことがあるが「泣ける作品」というキャッチコピーは嫌いだし、(泣いたかどうかは別として)自分でも「これは泣ける作品だ」だの「とにかく面白い作品だ」というのも好きではないし、この物語に対して安易にそんな表現をしてしまうのは失礼だと思う。

ただこの小説が、文章が、主人公たちの生き様が、自分と言う読者に与えた影響が凄かったぜ! 

ということはとにかく主張しておきたい。それだけ自分にとってはインパクトがある作品だったし、相沢沙呼先生のファンになってしまったのは言うまでもない。

「この作品に出合えてよかった」と思えた作品は本当に久しぶりだった。
相沢先生には感謝しかない。
スポンサーサイト

いせかいいざかや のぶ 感想

正直あまり「グルメモノ」の小説や漫画は読んだことがなかったが、TLの一部で話題になっていたので『異世界居酒屋 のぶ』を読んでみることに。

してやられた感ヤバい。

出てくる料理は特別凝ったモノではなく、日本の居酒屋ではありふれた料理ばかりだし、「○○産の特別な××」みたいな特別な材料や特殊な料理法を使っているわけでもない。ごくごく普通の美味しい料理とお酒を提供するノーマルな居酒屋の風景だ。
しかし、そういった素朴な食事ではありながら、「居酒屋 のぶ」に訪れる異世界の住人達が美味しい酒と肴に舌鼓を打ち、満足する様子は「居酒屋」という場所が持つ魅力を最大限に引き出していると思う。
「美味しい料理を食べている人たち」を肴にした書籍といえるだろう。
普段あまり酒は飲まない自分ではあるが、お酒と肴が欲しくなった。
おそらく誰が読んでもそうなることは間違いない。

この本を読む前に、ビールや日本酒、そしておでんや唐揚げなどのつまみを用意し、この本を肴に一杯やると、より楽しんで読めると思います。


本屋としての感想としては「これは絶対売れる」という確信を抱いた。
とはいえ、もうすでにかなり売れてて出版社も品切れ状態とのことだったが、是非とも商品確保して仕掛けたいところ。居酒屋風に売り場を作れば面白いですよね。そういうディスプレイがしやすいアイテムだし、これからの時期特に食がすすむ季節ですから、宝島社はこの本をじゃぶじゃぶ重版かけるべきだと思います!


異世界居酒屋「のぶ」異世界居酒屋「のぶ」
(2014/09/10)
蝉川 夏哉

商品詳細を見る

「問題児たちが異世界からくるそうですよ? ~撃て、星の光より早く!~ 」感想!

※この記事は多分にネタバレを含んでおり、ネタバレNGな人はすぐさまブラウザバックをすることを推奨いたします。また気持ち悪いぐらい興奮しているため、まともな文章になっていない可能性があります。あらかじめご了承ください。










そんなわけで「問題児がたち異世界から来るそうですよ?」シリーズ最新巻を読破したわけです。
ついに、ついにアジ・ダカーハとの戦いに決着が!
この話始まったあたりからアニメやらなんやらの影響なのか途中で短編集挟んだり(これはこれで好きですが)前回もページ数的に薄すぎて「とりあえず定期的に新刊だしてます……」的な体で、どんだけおあずけ状態やねん! ってな感じでこの作品のファンとしてはやきもきしてたわけですが、読了後はそんなもやもや感を全て吹き飛ばして余りある興奮と感動の渦に巻き込まれたわけです! 

そもそも今回も若干ページ数的に物語の盛り上がりとか大丈夫かなぁ?とか今にして思えば全くいらん心配をしていたわけですが、読みだし時点で既に「なんでこんな状況になってたんだっけ?」とか前の話を大分忘れていたり、問題児シリーズにおいて必須スペースである謎解きパートが小難しかったり、途中で十六夜が例のネコミミヘッドホン装着してみたりと気もそぞろになる部分があったりしたわけですが、まぁそんなものは最終戦まえの最後の日常であったわけですよ。
最終戦開始からの怒涛の展開にページをめくる手は止まらなくなり、とにかくジャックが、ジャックが! 
ジャックの最後のシーン。アジ・ダカーハとの会話。涙なしには見られないシーンでした。泣いた。その部分5回ぐらい読んで泣いた。
今まで積み上げてきた全てと未来さえなげうち、『悪』となって絶対悪へと対峙するジャックの背中は「キャラクターの死とはかくあるべき」とも言えるような壮絶な最期だった。

そしてジャックが命を賭してむき出しにした心臓に見事槍を突き立てたであろうはずの十六夜の涙と『敗北』の訳とは一体なんなのか!?
そしてウロボロス側の動きや殿下の支援の理由やその他気になることが山積みですが、とりあえず「人類最終試練」に打ち勝ったノーネーム、いや「アルカディア」の面々と一緒にひとまず大きな戦いを乗り越えたことを共有していたい。

この話を読み終わって「いやー、面白かった! シリーズファンは早く読めよ!」的な感じではなく、

読み終わったぜええええええええええええうおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!! 興奮したあああああああああああああ!!!!!!!


という本を読んで興奮したぜ! 感動したぜ! というパッションを記録しておきたいがための記事でした!

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 撃て、星の光より速く! (角川スニーカー文庫)問題児たちが異世界から来るそうですよ? 撃て、星の光より速く! (角川スニーカー文庫)
(2014/07/31)
竜ノ湖 太郎

商品詳細を見る

フレイム王国興亡記1 感想

『異世界からの勇者を召喚する』

これほど眉唾な話があるだろうか。
自国が苦しみ、しかしてもうどうにもならなくなったときに藁にもすがる思いで『救世主』を求める。
物語の中でさえそんなおとぎ話じみた扱いをされることが基本の「異世界召喚モノ」であるが、今回平凡な銀行員からなんの因果かフレイム王国の王女によって異世界に召喚されてしまった主人公・松代浩太(26)もそうした『勇者』として求められたかと思いきや、

なんとなく……だと!?

多少緊張状態ではあるもの、特に大きな戦争も起きておらず、魔王の侵略もない『平和』な国になんの因果か呼びだされてしまった異端者は当然厄介者となるだけである。
そんなこんなでせっかく?異世界に来た浩太氏が腰を落ちつけた土地はなんの名産も名所もない、寂れて貧乏な田舎の地であった。
王女の姉・エリカが治める土地は常に赤字続きの財政難。そこに訪れたのは若いながらも敏腕な銀行員。勇者としては活躍できないかもしれないが、銀行員としての金のやりくりならまかせろーとばかりに、エリカとそのメイド・エミリと共に土地の再建に協力することにした浩太。果たして寂れた田舎町「テラ」を見事債権することはできるのか!?

切った張っただけが勇者じゃない。国の再建が勇者の役割だっていいじゃない! 

『フレイム王国興亡記』はそんなお話でした。

異世界召喚モノも結構バリエーションあるもんだなーと思ったタイトルでしたね。
そういや主人公もオンリーワンの選ばれし勇者っていうより、現状まだ「普通に頭がよくて仕事がバリバリ出来る銀行マン」だし。そういう意味では20代の社会人読者層にとっては「等身大の主人公」ともいえなくもない。
女の子かわいいし、イラストもかわいいし、お風呂ドッキリも定番としてあるし、ボーイミーツガールは一応してるけど、結構ヒロイン役がブレブレというか、美人な女の子3人出てくるけど結局メインヒロインだれなのよ? とか正直思わなくもない。
全体としてビジネスシーン多めで、ライトノベルっぽくないような気もするけど、ライトノベルしてるよなとも思えるような感じにまとまってました。
ただ、女の子とはそれなりになアレですけど、肝心のビジネスシーンというか、「敏腕銀行マン」の手腕を発揮するシーンではしっかりと魅せてきて「これは、面白いぞ!」と言わざるを得ませんでした。
「剣も魔法もない異世界召喚モノ」
って感じでしょうか。このキャッチコピーどこかの狼さんでみたことある。
ゆーげんイラストで惹かれる方も多いでしょうけど、イラストだけじゃなく内容もばっちり面白かったので、今後の展開が大いに楽しみなタイトルですね。
フレイム王国興亡記 1 (オーバーラップ文庫)フレイム王国興亡記 1 (オーバーラップ文庫)
(2014/04/24)
疎陀陽

商品詳細を見る

第三回ラノベ好き書店員大賞 全結果発表


紆余曲折ありましたが、今年も無事なんとか発表まですることができました。
投票していただいた書店員の皆様を始め、宣伝・発表等、ご協力いただいた皆様にあらためて感謝いたします。本当にありがとうございました。

ここでは発表時にはお伝えしきれなかったランキング外でいただいたタイトルのコメントを含めて改めて全文掲載したいと思います。

ランキング外になった作品でも気になったタイトルがあれば是非書店にてお手に取っていただければと思います。

以下、第三回ラノベ好き書店員大賞 全結果です。


1位:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」GA文庫 著;大森藤ノ イラスト;ヤスダスズヒト (16票:43点)
○コメント
・主人公がゼロから成長していく王道もので、読み進めていくとどんどん面白くなっていき子供のときのRPGをしている時のようなわくわく感を味わえました。
 一度読むと最後まで一気に読みすすんでしまい時間を忘れてしまうほどのめり込めます。ファンタジーでいいのないかなーとか思ってる人はどうでしょうか!
・ワレ コレヲ ススメン
・少年が、あこがれの英雄を目指して、ひたむきに疾駆する。王道の物語の力を感じさせてくれる話です。今、ファンタジーを読むならまずはこれ!
・ラブありコメディありバトルありと、「ライトノベル」というエンターテイメントを高レベルで体現させたタイトルだと思います!
・面白さは当然として、この作品の出現が色々な意味で、2013年のライトノベル業界のキーポイントとなったのではなかろうか。
・いつ読むの? 今でしょ!
・いい意味でタイトルを裏切られる、好感のもてる主人公の成長もので、RPG要素なども上手く取りこんだ読み応えある一冊です。

2位:「ナイツ&マジック」ヒーロー文庫 著;天酒之瓢 イラスト;黒銀 (10票:30点)
○コメント
・今年最強の俺TUEEジャンルの作品だと感じました!
 魔法+ロボットというそれぞれファンタジーとSFの定番でありながら両立しえなかったものをうまく融合させて世界観作りをしていて、
 何より主人公の考え方には我々オタクと通じるものがあって実に面白かったです!
・ヒットを量産させているヒーロー文庫を代表してこれ!
・この作品を絶賛するのは何かに負けたような気がするが絶賛せざるを得ない!ぐぬぬ。
・かわいいヒロイン? うるせぇ! そんなことよりロボットだ!

3位:「グランクレスト戦記」ファンタジア文庫 著;水野良 イラスト;深遊 (7票:27点)
○コメント
・戦記モノブームの大本命!
・混沌にあふれ群雄割拠する世界で夢をひたむきに追いかける騎士テオと天才魔術師シルーカの出会いが世界を動かしていく。ハラハラドキドキの連続です!
・こういう作品が出てくるからこその「ファンタジア文庫」だと思いました。ありがとうファンタジア文庫!
・『ファンタジー』という作品の面白さが如何に不動であるかというものを知らしめた作家であり作品であると思いました。

4位:「灰と幻想のグリムガル」OVL文庫 著;十文字青 イラスト;白井鋭利 (6票:18点)
○コメント
・いつから人は雑魚モンスターを雑魚と呼ぶようになったのか。ゲームの世界を改めて臨場感あふれる世界として認識できた作品です。
 ゴブリン1匹、コボルト1匹に全力を持って戦うパーティメンバーの必死さと、まさに『死と隣り合わせ』感は必見です。
・レトロなRPGを彷彿とする世界感で、平凡で不器用な主人公らが一歩一歩ゆっくりと成長していく過程が楽しめる異世界ファンタジー。
 モンスターとの生々しいバトルシーンは必見です。
・「俺YOEEEEEE」というワードが生み出された程の現代ラノベ業界へのアンチテーゼを突き付けた作品。
 十文字青先生だからこそ体現された作品であり、この作品の魅力であると思います。
 

5位:「氷の国のアマリリス」電撃文庫 著;松山剛 イラスト;パセリ (4票:16点)
○コメント
・さすがの松山 剛先生!!
・美しくも儚い世界観が非常に魅力的でした。やはりロボットのお話はこの人だなあと。単巻だけでなくストーリーものも是非読んでみたい。
・「泣ける作品」などというチープな文句を使いたくはない。文章が心にスッと沁み込んでいき、そしてその心が揺り動かされる。そんな読後感を味わえる逸品です。

6位:「クロックワーク・プラネット」講談社ラノベ文庫 著;榎宮祐、暇奈椿 イラスト;茨乃 (5票:13点)
○コメント
・死の惑星となった地球で、時計仕掛けを使って永久にエネルギーを生み出すことに成功したという舞台設定に心をくすぐられました!
 そんな中、西へ東へと活躍する主人公たちの痛快アクションは本当に良いものです! 是非ご覧あれ。
・榎宮作品はやっぱり面白いね! この作品もアニメ化希望です。

7位:「未完少女ラヴクラフト」スマッシュ文庫 著;黒史郎 イラスト;コバシコ (4票;10点)
○コメント
・流石のラヴクラフト御大も自分が萌えキャラにされる日が来るとは想像できまい。
 名状しがたく、かつ正統派冒険小説としての読み応えもあるので、ニャル子さんの次は是非これを。
・「クトゥルー神話が気になる、でも手を出しづらい……。」そんな人にお勧めするならこの一冊! 
 注釈付きでやさしく読める、表紙通りの、様々あるクトゥルーパロディの中で最も『濃度』の高い作品!
 ラノベのお約束ももちろん有り、主人公の成長も見所。

8位:「殺戮のマトリクスエッジ」ガガガ文庫 著;桜井光 イラスト;すみ兵(3票;9点)
○コメント
・キレのある文体に魅力あるキャラ、作り込まれた設定、素晴らしい!!

8位:「グラウスタンディア皇国物語」HJ文庫 著;内堀優一 イラスト;鵜飼沙樹(3票:9点)
○コメント
・本格的なファンタジー戦記。腕もたつ軍師クロムがかっこいい。
・「これからもっと面白くなる」と今年最も期待できたファンタジー作品でした。
 主人公を始め各キャラの魅力、そして世界を取り巻く環境と様々な要素をがっちりとした文体で描いており「HJ文庫どうした!?」
 といい意味でレーベルの印象を壊してくれた作品でした。鵜飼さんのイラストも素晴らしいですね!
 

10位:「エーコと【トオル】と部活の時間。」電撃文庫 著:柳田狐狗狸 イラスト;MACCO(3票:7点)
○コメント
・あまり見ないタイプのヒーロー&ヒロインが、学園や町の謎を解く! エーコみたいな娘と付き合いたい。


以下投票があったタイトル。

○明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。
・2013年で読んだラノベの中で一番衝撃を受けた作品でした。
 全3巻のこのシリーズは必ず最後の3巻まで読むことをおすすめします、3巻のラストを読み終わった瞬間今までにないほど心を刺激され、純粋に「面白かった」と思いため息をついたのは久しぶりのことでした。
 この本ほど他の人におすすめしたいと思ったことはありませんでした。ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

○リーディング・ブラッド 最強の血統
・面白かったので続巻が出てほしいです…

○蒼天のサムライ
・ミリタリー的要素が強い戦記ファンタジー。なかなか2巻がでないのが哀しい・・・

○見習い神官レベル1
・すでに嫁がいます。最凶の嫁です。でも意外と健気な面も。スーリィンがかわいいので(ナイスバディだし)○

○異世界チート魔術師
・コレ オモシロイ ヨメ

○ウは宇宙ヤバイのウ
・艦娘ならぬ宇宙船娘に萌える話だと思ったら全人類が○になっていた。何を言っているかわからねーと思うが俺にもわからなかった……ラノベとかSFとかチャチなもんじゃねぇ、もっと恐ろしいカオスの片鱗を味わったぜ……

○サイコメ
・サイコ×ラブコメという、殺人者だらけの学園で描かれる新しいラブコメの形に脱帽です。
 血生臭い収監施設が舞台なのに、それを逆手に取ったラブコメをやってくれます。
 しかしながら、確かににゾッとするサイコな一コマも見受けられるちょっと変わったラブコメ作品に仕上がっていると思います。

○この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま
・最初にガツンと、そしてじわじわと更に中毒性が増す残念コメディが特に見どころ。
 WEB版からの展開の変更は未だ若干ですがラストに向けてどのような新展開になるのか、WEB版愛読者もワクワクしながら待ってしまう作品です。

○ストレンジ・ムーン 宝石箱に映る月
・現代伝奇ラノベの一大傑作"パラサイトムーン"の10年越しとなる正統続編。
 異能の中で若者達が足掻くドラマと、陰謀蠢く異能組織の謎が再び展開されます。
 前作から時が流れ、主役も交代しているので前作を読んでいなくても充分楽しめますが、前作読者は更に楽しめるでしょう。

○デスニードラウンド
・マニアックな銃器の描写や、読んでるだけで空腹感を煽られる美味しそうな食事描写がたまらない作品です。
 映像化できなさそうな危険なネタもライトノベルならでは!

○俺のかーちゃんが17歳になった
・17歳教というおバカなノリと、心暖まるドラマが楽しめる、ホームコメディならではの面白さがある作品です。

○あなたは虚人と星に舞う
・上遠野SFの金字塔、ナイトウォッチシリーズの新装版第3弾!応募理由はイラストになりますが。表紙イラストの杏子の腋が素晴らしく良い、グッド。いま一押し、キラキラと輝くイラストを描くseroriさんの中で最も好きなイラストです!

○俺の教室にハルヒはいない
・宇宙人とかがいる非日常ではないけれど、もしかしたら起こりうる非日常がすごくよかった。まだまだこれからの展開に期待。

○インテリぶる推理少女とハメたい先生
・こういったクレイジーな作品もたまには大事!

○きんいろ・カルテット
・音楽にひたむきな主人公とブリティッシュ・カルテットに魅せられた女の子たちの魂の演奏が素敵です!

○Fランクの暴君
・さすがの御影節。大ファンです。勝ち上がるのは暴君か、それとも──

○斉藤アリスは有害です。
・思い出深いボーイミーツガール。

○エロマンガ先生
・恵まれたタイトルから神懸かってるキャラクターたちぐう可愛い

○ぼくのゆうしゃ
・生徒会シリーズの葵せきな先生の第2弾!

○四百二十連敗ガール
・笑える、かわいい、そして笑える。

○ガリレオの魔法陣
・続きを出してもらって、また彼女たちに会いたいです。

○飛べない蝶と空の鯱
・中高生の男子人気&そろそろこう何かメディアな展開とかないのかなと…

○8番目のカフェテリアガール
・地元ネタだからと手を出してみたらまさかの能力バトルコメディだったというポルナレフさんも驚く構成でした。
 あと、ネタなように見えて大体あってる名古屋あるあるが詰まってますがあまり参考にされませんように…(苦笑

○最弱無敗の神装機竜
・とことん不遇な環境の主人公の、過去のできごとやこれからのことが読むにつれてどんどん気になっていくこと間違いなし

○落第騎士の英雄譚
・イッキの生まれ育ちの境遇がとにかく過酷。
それでもなお真っ直ぐに目標に向かい続ける姿がかっこいいです。

○ヴァンパイア・サマータイム
・担当者イチオシ作家さんの作品で、ラノベでは吸血鬼というありふれていそうな設定を
 日常的な青春ストーリーに、かつ幻想的な文章に仕上げる筆力が素晴らしいです。

○後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール
・タイトルが全ての出オチのように思わせて、女装男子、ハーレム、少女野球、異世界?など、一見無茶苦茶に思える設定をきちんとまとめて読ませる作品に出来る筆力がすごい。
 石川さんの設定力と筆力は、コアなラノベ好き&一般書好きのファンが多いのが頷けます。

○白桜四神 伏魔殿の紅一点!
○塔京ソウルウィザーズ
○妹様による、俺ルート攻略・ラブコメ理論
○ヴァルキリーワークス
○俺が生きる意味
○人形遣い
○銃皇無尽のファフニール
○聖剣と魔竜の世界
○クライシス・ギア 緋剣のエージェント・九重 慎
○すずみんは肉食系火竜
○百錬の覇王と聖約の戦乙女
○ミカグラ学園組曲
○覆面竜王女
○さまよう神姫の剣使徒
○精霊後宮物語~禁忌の恋は命賭け!~
○精霊歌士と夢見る野菜
○トネリコの王
○VAMP ON THE DEADLINE
○ドッグライヴ
○マカロン大好きな女の子がどうにかこうにか千年生き続けるお話
○セブンスホールの魔女

検索フォーム

アクセス

プロフィール

trumpe3128

Author:trumpe3128
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。