Entries

スポンサーサイト

コンビニたそがれ堂 感想

いつもアホなことしか言ってないのに、よくふぁぼしてくれる村山先生に対して僕もたまには全力で媚びてみよう! という非常に不純な動機で「今在庫その1冊しかないんだから自分で注文して買って下さい!」と後輩の文庫担当に怒られつつも、いやがらせとばかりに(最低)その1冊を購入したタイトルが、コンビニたそがれ堂です。正直、今までの読書(遍)歴では手が出ていなかったジャンルだったので、そういう意味でも新しいジャ...

僕と契約して書店員になってよ!

昨今の打ち切り云々の話題に対する個人的見解としてはやはり「売上」というのは重要なファクターの一つだと思っています。そして、それを獲得していくには如何に「新規読者の獲得」をすることができるかが当たり前ですが重要になってくると思います。まぁこんなものは別にライトノベルに限らず出版業界全般に言えることなんでしょうけど。本屋という立場を10年近く経験している身としてはやはり「ライトノベルに詳しい書店員」が増...

書店における「予約」と「注文」について。また書店注文における、ラノベの新シリーズ存続への影響力についての考察

本屋における『注文』『予約』とは?ことの発端は数日前に『俺味』の作者である赤月カケヤ先生がまとめた記事「ライトノベルの売上」がきっかけ。その中で先生が「シリーズの続投のためには書店で「予約」するか「注文」すると効果的」とおっしゃっていたので、書店側の立場からその「予約」や「注文」ってのはじゃあ具体的にどういうシステムなの? どういう流通経路なの? ってなところを解説したり、情報の予測を立ててみたり...

ライトノベルを『売る』ということについて最近思うこと

先日参加してきた講演「ラノベのすゝめ講演会」で白鳥先生や編集の方から伺った意見は僕の中で表題にもかいた「ラノベを売る」立場での考えを改めて再認識するきっかけになりました。僕が地方の書店でラノベ担当をしている中での一つのテーマが「地方の書店からでも発信できる何かがあるのではないか」ということがあります。だからこそ「ラノベ好き書店員大賞」のような企画を立ち上げたわけです。これは僕のラノベ担当の経験の中...

第二回ラノベ好き書店員大賞 開始しました

公式HPでも告知されましたので管理運営の一人としてこちらでも宣伝させていただきます。第二回ラノベ好き書店員大賞 本日スタート!です!突発的にスタートさせた当企画ですが、各所で予想以上の反響があったので今年もやらせていただきたいと思います。基本的な仕様は前回と同様となっておりますが、前回からの変更点として、今回は応募期間を応募期間を1か月短くしました。やはり2カ月以上あると途中でダレちゃう感じでしたし...

Appendix

プロフィール

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。