スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニたそがれ堂 感想

いつもアホなことしか言ってないのに、よくふぁぼしてくれる村山先生に対して僕もたまには全力で媚びてみよう! という非常に不純な動機で「今在庫その1冊しかないんだから自分で注文して買って下さい!」と後輩の文庫担当に怒られつつも、いやがらせとばかりに(最低)その1冊を購入したタイトルが、

コンビニたそがれ堂

です。
正直、今までの読書(遍)歴では手が出ていなかったジャンルだったので、そういう意味でも新しいジャンルへの挑戦といういいきっかけにもなりました。


心に抱いた悲しみや痛み、苦しみ、そんなモヤモヤしたものを抱えた人たちが足を向けた先にふと、現れる謎のコンビニ「たそがれ堂」。
 そのコンビニには銀髪・金目の謎の店員がいて、この世に売っている、すべてのもの。そうして この世には売っていないはずのものまでがなんでもそろっている 不思議な魔法のコンビニ。
そのコンビニでは不思議で、しかし傷ついた人たちの心を助けてくれるそんな出来事が起こります。

僕もこの本を読んで、毎日短距離走をしているような(嘘)忙しさの中で疲れた心に、穏やかな日差しが差し込んだようなそんな暖かな気持ちになれる、「お話」たちでした。

帯の推薦文にもある
「じんわり温めて心の疲れをほぐしてくれます」という正に効能通りの1冊。また、「体質によっては村山早紀にかぶれることもあります」という文章もあり、作品を通して村山先生の人柄までじんわりとにじみ出てくるような、そんな1冊なのでかぶれてしまう気持ちもよくわかりますね。

誰かに本を贈りたい。
そんな時には、是非この「コンビニたそがれ堂」を贈ってみるのは如何でしょうか?

※尚、お買い上げの際は、書店で求め頂くとラッピングのサービスまでついてきますので、書店での購入をおススメいたします。


コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2010/01)
村山 早紀

商品詳細を見る
スポンサーサイト

僕と契約して書店員になってよ!

昨今の打ち切り云々の話題に対する個人的見解としてはやはり「売上」というのは重要なファクターの一つだと思っています。そして、それを獲得していくには如何に「新規読者の獲得」をすることができるかが当たり前ですが重要になってくると思います。まぁこんなものは別にライトノベルに限らず出版業界全般に言えることなんでしょうけど。

本屋という立場を10年近く経験している身としてはやはり「ライトノベルに詳しい書店員」が増えることこそが上記の条件を満たす方法の一つであると思っているわけです。

「ラノベに詳しい読者が書店の担当者になればマイナー作品でも売り場で堂々と展開できるし色々お得だよ!」

的なことを簡単にツイートしましたけど、現役本屋からしてみたらこんなうまくいくわけねーよってみんな思っているのは間違いない。
こういう風に「デメリットを言わずにメリットだけを強調する」というのはプロバガンダの常套手段ですよね。日本語って便利!
やはりメリットだけ説明するのはフェアじゃありませんので、いろんなとこで同じこと喋ったり書いたりしたような気がしますが、改めて「自分の好きなジャンルの担当書店員」になることがどれほど困難&面倒かということをまとめてみたいと思います。

① 採用されても自分の希望ジャンルの担当になれるかどうかわからない
 なんというか最初から躓いてる感ヤバい。そもそも採用されても売り場に出られるかどうかすら微妙という運まかせっぷりである。この辺は運営状況もあるし、自分がやりたいジャンルに空きがあるかどうかすらわからない。基本的には専任者がいるので、いつその人がいなくなるor担当替えになるかなんてのは運営次第の上、長年担当やってる人の場合は担当替えすら起きない場合も多い。実績ある人だと尚更である。
まぁラノベ詳しい書店員なんて殆どいないのが現状なので売り場みて「全然手入れされてねーなー」って感じたら多分ラノベ担当はいないと思いますが。
前にも言いましたけど売上規模からみてもコミック担当者か文庫担当者が兼任して面倒みてることの方が多いですね。
入社してすぐ売り場に出られるかどうかはわからないですが、面接時に「ラノベ好きです。売り場作りたいです!」ってはっきりと動機を告げて、与えられた仕事バリバリ頑張れば多分そのうちラノベ担当やらせてもらえるかもしれない。
あとは新店オープンする時とかは割と簡単に希望ジャンルやらせてもらえるかも?オープニングスタッフとか超大変ですけど、面倒な先輩とかいないからそのうちデカイ顔できるので、オープニングスタッフ募集してたら応募してみるのもいいんじゃなかろうか。

② あくまで基本は「接客業」である
本屋に入ったからといって四六時中本を触ってられるかと思っていたらそれは甘い。MAXコーヒーより甘い考えである。基本的には「レジと売り場での問い合わせがメインでその合間に商品出す」みたいな仕事内容なのでたまにテレビでやるような「本ソムリエ」みたいな書店員が売り場でウンチクたれながら本選んであげる(←多大なる偏見)みたいな悠長な職場では断じてない! 
むしろ戦場である。売り場を駆けずりまわりながら聞かれた本を探し出し、レジへと走り、大量の入荷商品を棚へと詰め込んでいく。走れない本屋なぞいない。どれだけ走れるかが本屋として求められる技量なのだ!(嘘)
とまではいかないが、ありがたいことに全国的にも忙しい店舗で働いてる身としては「3倍速く」とまではいかないが、3割増で早く動かないとマジで仕事終わらないので結構体力勝負な感。
それはともかく。
1日の内で自分の担当ジャンルの売り場をしっかり触れる時間というのは恐らく世の中の人たちが思ってるほど少ないですよマジで。よほどデカイ売上たてるお店じゃないと「専属の担当が何人もいて売り場をずっと触ってる」なんてことありえないですね。
どの職業でも言えることですけど、「自分のやりたい仕事」なんてのは業務全体から見たら1割ぐらいと言われていますし、本屋も実際そんなもんです。

③ 人間関係が存外ヤバい可能性がある
本屋は基本的にパートの女性の方々がメインで売り場を作ってるお店が多いと思います。そんな中如何に年上の女性たちとうまく付き合って行くかは割と重要なポイントになりますね。そしてそういう職場だと勤続年数を重ねたパートの方々が現場で権力握ってたりするので、聞いた話だと派閥的なあれがあったりして大変だったりする場合があるとかないとか。
入社した時から無駄に偉そうな態度で全方位に敵を作りまくっている僕みたいになると全員が敵なのである意味そういった問題はないんですけどね。みんなは真似しちゃいけないゾ☆


④ とにかく稼ぎが少ない
リアルに深刻で切実な問題であり、賃金目的では絶対に選べない業種の一つだと思います。採算度外視で働くぐらいの気持ちじゃないとマジでやってられません。仕事自体を楽しめる人じゃないと厳しい業種じゃないでしょうか。僕は給料明細というものをここ数年直視してません。哀しくなるので……。

⑤ 首尾よく担当になってもそれはそれで辛い
念願かなって自らが希望していた担当になったとしても、「自分が売りたい本が売れない」なんてことはザラにあるので辛い。
本屋としても売上を取っていかないと運営ができませんので好きな本ばかり店頭に並べるなんてことは到底無理な話です。
これも何度も言ってることですが「売れるタイトル」と「売りたいタイトル」は完全に別に考えなければいけない事象であり、現場で商品を仕入れる責任を預かる以上、まずは「利益を出す」必要があり、そういうスキルも磨かねばなりません。
更には店によりけりですが仕入れ制限や在庫制限なんかもあり、なんでもかんでも発注すればいいってもんでもなく(小売業としては当然ですが)許された範囲内で「まず売上をとれる売り場を作り」その中で許された限られた時間・スペースでのみようやく「自分の好きな本」を置くことができるのです。


以上が本屋の業務の実態を簡単にまとめたものであり、要約すると「本屋に入ってもやりたいことなんてそう簡単にできねーよ」ってことなんですよね。まぁこれはどの仕事に対してもそうだと思いますが。

しかし、そういった困難があるからこそ、自分が売りたいタイトルを売り場に置いて実際に売れた時の喜びというのは非常に大きいですし、そうやって「自らが売った」1冊というのは勝手に売れていくベストセラーなんかより売れた時の嬉しさは格別であり「自分の好きな作品の読者を一人増やした」と最も実感できる瞬間でもあります。ニヤリ。
そこが書店員として最もやりがいを感じるシーンの一つだというのは書店員誰もが思うことではないでしょうか。
そして「売る」ことの楽しさを覚えてしまうともうやめられないんですよね書店業というのは。


色々書きましたがライトノベルの布教活動としては「書店」という場所が最も布教効果が高い場所の一つであることは間違いないと思いますので、「自分はどうしてもライトノベルを布教したいんじゃー!」という志をもっている人は是非書店員になっていただきたい。
そしてその思いがあり、「もっと業界をなんとかしたい」という考えを持ち続け、あれこれ行動していけばPOPにコメントが掲載されたり帯に名前が載ったりテレビの取材が来る時だってあるかもしれませんね。

自分は幸運にも数年かけてやりたかったフェアやら売り場作りやらイベントやらは一通りやらせてもらえたので、やっぱり「こういうことをやりたい」と思い続ければ割となんとかなるんだなーとは実感しています。

あらゆる困難を乗り越えてみんなも書店に入ってラノベ担当者になろうぜ!

書店における「予約」と「注文」について。また書店注文における、ラノベの新シリーズ存続への影響力についての考察

本屋における『注文』『予約』とは?


ことの発端は数日前に『俺味』の作者である赤月カケヤ先生がまとめた記事「ライトノベルの売上」がきっかけ。

その中で先生が「シリーズの続投のためには書店で「予約」するか「注文」すると効果的」とおっしゃっていたので、書店側の立場からその「予約」や「注文」ってのはじゃあ具体的にどういうシステムなの? どういう流通経路なの? ってなところを解説したり、情報の予測を立ててみたりしようかなと。

私、(書店の流通がどうなっているのか)気になります!

はい。


というわけで。
そもそも書店におけるライトノベルの予約とか注文について言及してみましょう。

そもそも『出版社』に『予約注文』するというのは、あまりできないものなのです。
小さい出版社や、それこそ人文書なんかのようにめったに売れないようなアイテムだったら出版社側も予約アイテムとして出庫してくれるのでしょうが、基本的には

「もともと書店に「店分として」入荷されたものから優先的にとり置き」

といった意味として使われることの方が多いかと思います。便宜上、発売日前に注文受けたものを『予約』と呼んでいることが多いと言うわけです。当然前述したように全てのタイトルがそういう扱いなわけでもなく、いわゆる「限定版」や、出版社が公式に予約受付してると情報発信してる場合は出版社側で「予約分」として出庫してくれます。ただし、そういったアイテム以外の「予約」はとり置き的な意味の方が強いかと思われます。特にライトノベルなんかだと予約は受けてくれないことの方が多いですね。

一部の書店さんなんかでは出版社と書店の仲買い的にな位置にある「取次」というところに予約出して必要数確保しているという情報もありましたが、出版社を出る段階で最初から「客注分」として出荷されてるわけではないということ。
とはいえ、「予約しても意味ない」とか「予約するな」とか言ってるわけではなく、あくまでそういうシステムになってるってことを言いたかった。書店側としても予約数多ければ「あぁこれ人気作なのかな」っていう目安にもなるし、担当者がそういう情報をみれば、今後の売り場の展開にも生かす事ができる。
単純に予約すれば、その店で買うという売上確保にも繋がるので店側の施作として予約推進しているタイトルもあったりするが、そういうのは極一部の人気タイトルぐらいですね。あとは入荷数多いタイトルだというのを見越して「予約活動」を行い、客を囲い込もうとしたりとか。
例えば「ワンピースの新刊予約した人はポイント2倍つけます!」的なキャンペーンをうったり。
そういう場合は大量に入荷することが確定しているので、出版社に予約注文を出して予約分を確保するというようなことはしないでしょう。

正直予約やら注文やらするのは面倒だと思うけれども、だからこそ「面倒なことをしてでも入手したい作品」として気になるアイテムにはなるし、予約入れば八方手を尽くして書店側は商品確保しなきゃならんので、売上にもつながり、続編の配本数確保するにも有利な材料になる。とまぁいいところばかりを羅列してみたけれどもやっぱり注文受ける側も正直その分手間はかかるわけで、なるべく注文を受けなくてもいいように商品を確保しておいたりするわけですね。
あと個人的には注文を受けると「なんでおいてねーんだよボケ! ちゃんと入荷しとけ!」って言われてるような気分になるので悔しいんですよね。


まぁこの予約に関しても

・本当にどこの出版社もラノベの予約注文は受けてくれないのか?
・取次に予約だしたらもともとの配本数+予約数で入荷するのか?

とか疑問はちょいちょいあるんですが、なにぶんレーベルも多すぎて確認するの面倒。ただ、BLのレーベルなんかだと結構予約客注を出版社でも受けてくれるところがあるみたいです。

閑話休題。


つまり「予約」というのは基本的に「とり置き」と同義であったり、もしくは大多数のタイトルに関しては取次主体の流通システムだから予約入っても出版社には連絡いかないことが多い(というかラノベは基本出版社予約は断られる。小学館なんて大手は何をかいわんやである)編集や作家になんて少数の予約情報がいくはずもない(その辺は出版社内でどういうルートで情報がいくので不明なので適当言ってる。あくまで推測である。ホントだよ?)ので、『書店に予約することによってシリーズ続投の重要なファクターになる』というのは、もしかしたらあんまり関係がないのかも……という書店員の結論。
ただこの予約(というかとり置き)の扱いに関しても、全部が全部の書店でこのような形態なのかどうかは不明なので書店関係者さんからの意見も知りたいところではありますが。


書店におけるラノベの予約というのは大体こんな感じ。
続いて『注文』に関して書いてみましょう。

注文というのは在庫が無いものを注文してとりよせてもらうということ。なので、これは間違いなく『出版社』へと発注がかかります。出版内部でどのような情報のやりとりがあるのかはわかりませんが、『重版』をするかどうかというのは主に『営業』側の裁量らしいので、その営業へ「品切れ注文」が入るというのは非常に嬉しいことだそうです。重版されればシリーズ続投も当然必要になってくるので、「書店で売り切れてたら注文する」というのは出版社の営業・編集・作家にとってもうれしいことみたいですね。当然書店での売上になりますから書店にとってもメリットは大きいです。先の予約の項目でもいいましたけど、注文が入るということはそれだけ読者の関心が高いタイトルということにも繋がりますから、今後の展開の仕方にも影響を与えることができます。

ちなみに書店へ注文を出すと、「書籍到着まで2週間ぐらいかかる」と言われることが多いかとおもいます。
これは書籍の流通の問題で、出版社と書店の間に取次というところを通さなければいけない関係上どうしても時間がかかってしまうのです。とはいえ、出版社に在庫がある商品に関してなら基本的には大体1週間ぐらいで到着します。土日祝日を挟んだりするともうちょっとかかりますが。『2週間』というのは途中でトラブルがあった場合なども見越した最大日数だと思っていただければと。
とはいえ、今はもっと早く入荷できるルートもあるので(手数料かかるから書店への儲けは少なくなります。これもサービスの一環です)数日で入荷できる商品も大分多くなってきました。
ただやっぱり、新刊や話題の商品はどうしても時間かかってしまいますけどね。


予約にしても注文にしても、そもそもラノベを買う人たちはあんまりこういったことをしてまで特定の店で買うということをしない人が多いんですよね。
普通に考えたら数店舗歩いて新刊探すか、なければ今はアマゾンがあるからな……。やっぱり欲しい本はすぐ読みたい。むしろ誰よりも早く手に入れたい。ってのがラノベ読みの基本衝動なんじゃないでしょうか。
電撃の発売日数日前からあからさまに電撃新刊探しにきてるお客さん結構見受けるし、朝一から新刊置き場に群がってますからね。なければ別の店舗にすぐ探しに行っちゃいますよ普通は。
だからこそ来ていただいたお客様は逃さないように、初期配本をいかにして増やすかがラノベ担当の腕の見せ所になるんですが、なんか全国で上位店に入ると出版社から「配本数決めていいよ」という連絡がくるとかこないとか……なにそれ羨ましい。でもよく考えたら殆どのレーベルで事前発注出してるから似たようなもんか。電話来たことはないけど。そもそも営業さんは電話くるどころかこっちから電話しまくって「在庫がない? いやいやそこをなんとかしてくれませんかねぇ」って無茶なお願いするか、あとは「次いつくるんですか? 飲みに行きましょうよ」っていう無駄話してるかどっちかだからな。………………ちゃんと仕事もしてるよ?(震え声

さておき。
注文するといろんな方面が得をするので、急ぎで読まないけど気になる新刊が売り切れてた場合は注文だしておきましょう。かわいい書店員さんがいれば尚更グッド。お近づきになるチャンスです!
あー僕も眼鏡とエプロンが似合う美人な店員さんに「『だから僕はHができない』の新刊注文お願いします!」て言ってみたい!(セクハラ

だから僕は、Hができない。  死神と人生保障 (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。 死神と人生保障 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/06/19)
橘 ぱん

商品詳細を見る


俺が生きる意味 1 (ガガガ文庫)俺が生きる意味 1 (ガガガ文庫)
(2013/03/19)
赤月 カケヤ

商品詳細を見る

ライトノベルを『売る』ということについて最近思うこと

先日参加してきた講演「ラノベのすゝめ講演会」で白鳥先生や編集の方から伺った意見は僕の中で表題にもかいた「ラノベを売る」立場での考えを改めて再認識するきっかけになりました。

僕が地方の書店でラノベ担当をしている中での一つのテーマが「地方の書店からでも発信できる何かがあるのではないか」ということがあります。だからこそ「ラノベ好き書店員大賞」のような企画を立ち上げたわけです。これは僕のラノベ担当の経験の中で、一つの成果となりつつあります。

それまでは単純に「売上を伸ばすためにはどうすればいいのか」というのに全力を傾けていました。
ラノベ担当になって最初の1~2年は、売り場の改築(棚割の変更等)や、自分の中で「売上を取る」ためのシステム作りに費やしました。複雑な本の流通を知り、その上で自分の店にどれだけ売れるタイトルを必要数確保するか。当日夜には売り切れるような新刊をどうやって確保し、そして売上を伸ばして、次回の配本を上げるか。そういった作業の毎日でした。
そんな作業を日々繰り返すことで、実績があがり、新刊の配本に関しては発売日前後に八方手を尽くして追加を確保しなくても問題ないぐらい初期配本がつくようになりました(ラノベの新刊は実績を元に出版社や取次が調整していることが多い。今は事前発注できるレーベルが多いけど、これも実績を上げたから事前をうけつけてもらえるようになったため)。
そうやって自分の中で売上を取るシステムを確立し、新刊に関して十分数確保できるようになり、じゃあ次に売上をどうするかとなった時、「ただ同じ店で売り続けるだけではつまらない。もっと何か出来ることがあるのではないか」と考えるようになり、上で言っていたことを思うようになったわけですね。

僕の遍歴はともかくとして。

そういった、自分の店の外に情報を発信したり、何か動きを起こすと言うことも重要だとは思うのですが、今改めて考えた時、「本当に自分の店の中でできることはやりつくしたのだろうか?」ということです。
3年ぐらいかけて、僕が担当始めた当初より、月の売上冊数の平均は大きく伸ばす事ができました。これはライトノベルというジャンルがちょうど成長の最盛期で、それに乗っかる形ということもあったのですが、それでも相当数伸ばしたと自負はしています。
ただ今年に入ってからは仕事を請け負うジャンルが増えたということもあって、今までよりラノベ棚にかける時間が少なくなったということもありますが、売上はそれほど伸びなくなってしまいました。
個人的な主観ではありますが、現状ライトノベルを買う客層のパイというのは発掘しつくした感があったのです。

そう思っていたのですが、先の講演を受けて上記のように「本当に自分の店で出来ることはやりつくしたのか?」ということに繋がってくるわけです。

数年担当をしてくると、「どのジャンルがどれだけ売れるか」というのが見えてくるようになります。ある程度ジャンルごとに必要数が自分の中で構築されるわけです。
確かに「売れる」ジャンルを売り伸ばしするアンテナは伸びているでしょう。
でも最近思うのです。

「売れない」ジャンルは本当に「売れない」のか? と。「売ってない」だけなんじゃないかと。

売れないジャンルというのは、売れるジャンルと同じ条件で売れなかったというのは一つの事実です。この「同じ条件」というのは、「新刊台に並んでいる期間」「同じ平台に並んでいる状態」という条件です。
書店員と言うのは、「新刊台」「平台」「棚」の大まかにわけて3つのスペースで売り場を管理しているので、「人目に触れる新刊台と平台にあって売れなければ売れない」というのは確かに一つの大きな指針となるでしょう。そういった繰り返しで、自分店での客層や売れるジャンルを把握していくわけですね。
ジャンルはともかく、最もわかりやすく例をあげるとしましょう。

例えば「電撃文庫は売れるけど、一迅社文庫は売れない」

という店があるとしましょう(というか大概の店がこれに当てはまると思いますが)別に一迅社文庫に限らず他のレーベルならなんでもいいです。
この場合、売れる電撃文庫に力を入れて販売するのは確かに楽に売り伸ばしできるし、一迅社文庫を置くスペースに電撃文庫を置けば回転率も上がるでしょう。
全く誰も手を入れていなかったラノベ売り場で売上を伸ばすには確かに電撃文庫に力を入れるのは簡単だし、最初の1年はこれだけで実績がどんどん伸びていくでしょう。
しかし、電撃文庫を限界まで売り伸ばししてしまったら? 次はなにを売ればいいんでしょう? 売上が落ちてしまった時、原因はどこにあるのでしょうか?
そうなった時、書店員の言い訳は十中八九こうです。

「売れる新刊が発売しなかったから」

確かにSAOや禁書が発売した月は売上が伸びるでしょう。でもそういうビッグタイトルが発売しない月は何を売ればいいんでしょうか? そこで思考停止せずに「他に売れるアイテムを探す」努力をする書店員が少ない気がします。
なぜなら売上がとれなくとも大多数の書店員の給料は変わらないからです。むしろどれだけ売上を伸ばそうとも給料は殆ど変わりません。まぁこの辺は経営者次第ではあるのですが。
書店の流通の関係上「書店に到着した商品をただ並べるだけでも『仕事』は成り立ってしまう」という現状があり、「売上を伸ばしても落としても給料は変わらない」という条件では、多くのアルバイトスタッフさんは「がむしゃらに売上を取るために頑張る」ということはしないというのが現実。
まぁ全く頑張らないということはないのでしょうが、「売上おちちゃったのかー。まぁしょうがないかな」ぐらいの認識の方が殆どじゃないでしょうか。
運営する側(社員という立場の人が特に)はこういうアルバイトスタッフさんたちにどうやってそういった意識を持たせていかせるかというのが課題の一つですね。

閑話休題

書店の運営はともかく、現場での意識はこんなものということです。

つまり、僕が言いたいのは「他に売れるアイテムを売る工夫をすることが重要」ということです。
先の例で言えば、一迅社文庫というのは本当に「売れないアイテム」なんでしょうか? 「売れない」と決めつけて、目を向けていないだけなのではないか? 確かに電撃文庫と同じ条件では売れないかもしれませんが、他のアプローチではどうか? 「売れない」という自分の認識が間違っているのではないか? 
この辺の「売れる売れない」基準と言うものは、担当が長ければ長い程、固定観念的に沁みついていってしまいます。
売れるアイテムを認識すれば確かに限られた売り場を効率的に使って結果を出す事ができるでしょう。しかし、そういう売り場作りが長ければ「新たな客層」を掘り起こす事も出来ません。

先の講演で書店員の方は「ラノベ業界は今後どうなっていくと思うのか?」という問いに対して
「作品作りが内向き(ラノベ読みの人たちしか楽しめない方向性)に向かって行っている気がする。こういう状況を打破するために、「のうりん」のような冒険的な作品をリスクはあるだろうがどんどん生み出していって欲しい」
と応えていました。
これは、書店の売り場作りにも全く同じことが言えると思います。つまり「売れるジャンルだけを安定的に売るのではなく、リスクがあるだろうが、冒険的な売り場を作ってを作って言ってもいいのではないか」ということ。
電撃文庫と一迅社文庫の例にとれば、今まで電撃文庫ばっかり置いていた平台やフェア台に一迅社文庫を大きく展開してみるとか。
一迅社文庫は今まで売れていなかったレーベルだけど、大きく展開すれば、今まで認知されいていなかった客層に対してアプローチできるかもしれない。そうすればまだまだ売り伸ばしできるかもしれない。
こういう売り方は、確実に売れるであろう商品を置かずに売れるかどうかわからないアイテムを展開するわけですから、正直大爆死する可能性もあります。が、先に言ったように「売上が伸びても落ちても評価は変わらない」のであれば、別に売上おとしてもいいんじゃない? 出版社側としてはリスクを負って尖った作品出して売れなかったら作家さんも出版社もダメージでかいけど、書店側にとっては返品できるし、それほどリスク少ないじゃん? って思えばいいんじゃなかろうか。
「なんで売上落したの?」って言われたら「今後さらなる売上を伸ばすための冒険的な売り方を考えています!」って言えば問題ないと思います。
とはいえ、他の部分である程度売上をとっていることは必要になりますし、売れたであろうアイテムに変わり、売れるかどうかわからないアイテムを置くわけですから、「売る努力」というのは当然必要だということは言うまでもありません。ただ適当にアイテムを並べるのではなく、「どのアイテムをどの期間でどれだけの数売るか」というのはある程度ビジョンを持ってフェア作りなりなんなりはしなきゃいけないですよね。

実際いままで売れなかったアイテムが売れたという事例はいくつも知っています。例えば、熟練の文庫担当のスタッフさん(文庫どころかあらゆるジャンルの売上とりまくってるめちゃくちゃ凄い人)は自分の店では時代小説は全然売れないって思ってて、今まで全く展開していなかった。店長が「時代小説のフェアやりたい」って言った時も大反対して、全く乗り気じゃなかったのに、実際やってみたら予想以上に結果がでて、そのフェアしてから時代小説の客層が増えた。というエピソードがあったりもします。このフェアは入口まで大きく展開して成功したのですが、
今まで置いていなかった場所で注目を集めて、これまでいなかった客層を呼び寄せたというこれは「売れないアイテムを展開によって売った」といういい事例ですね。
逆に、入り口前でラノベ大展開して大爆死したという事例もあったりするのですが……まぁこういうこともあるし、やらなければやらないなりの売上しか取れなかったわけですから方向性としてはアリだと思います。

偉そうにこんなこと言ってますけど、こういうの思うのホントに最近になってからなんですが。「今までやってこなかったことをやってみる」「常識を変える」というのはこれからの書店業界全体でやっていかなければいけないことじゃないかなと思います。

それなりに売れそうなタイトルを生み出して、それなりの数を売ればそれなりの利益は確保できます。しかしそれなりはそれなりでしかありません。そんなぬるま湯につかっているだけでは業界は衰退していく危険性があります。
出版がリスクを負って、今までにないジャンルのタイトルを生み出すなら、書店側も同様のリスクをしょって展開していくスペースがあってもいいんじゃなかろうか。

今までにないタイトルを出し、それまでにない売り方で売る。それも確かに重要ですが、例えば、出版側も店ごとの「客層」「立地」「強いジャンル」「売り場面積」を徹底的にリサーチする。その上でそれぞれの条件ごとのお店をいくつかモニター店としてそれぞれの書店員さんと協力し、1巻を大きく展開してもらって、売上の動向をチェックするとか。
そうすれば今まで売れていなかったお店でも大きく結果がでるかもしれない。
これからは一方通行的に出版社がただ書店に置いてただ売るというのではなく、出版社と書店とが密に連携して「売る努力」をしていかなければいけないのではないかと思います。

「ライトノベルは売れるジャンルだからとりあえず参入しよう」もいいのですが、参入するならこういうこともしていってほしいし、新規参入してきた出版社に売り場を取られたくないレーベルもやっぱりこういうことをしていってほしい。これはライトノベル業界に限ったことではないと思います。これからは「本をただ売り場に置く」だけじゃダメだし、マンパワー的に一部の書店員に「売ってもらう」だけでもダメだと思います。

地方であろうと、都心であろうとこういう取り組みをもっとしてくれる書店・書店員が増えてくれば出版業界はまだまだ面白いことができるのではないでしょうか。特に今の時代はインターネットが発達し、地方の差というものがなくなりつつあります。こういったツールを使いこなし、出版社・取次・書店と密に連携をとれるような動きを創り出して生きたい。

あとは、こういうことを考えて売り場を作れるスタッフさんを作っていく場が圧倒的に足りないのも問題なんですよねぇ。売れるアイテムってのはどうしても店ごとに変わってくるし、そういうことを把握できるってのも一つの才能だから、ダメな人は全くダメなんですよね。一律的にジャンル勉強会あっても、通り一辺倒なやり方の説明しかできないのがなぁ。
「仕事が出来る書店員の育成」ってのも店ごとにまかせるのではなく、これも業界全体で取り組んでいってほしいなーって思ってるので、この辺も自分の力になれることがあれば積極的に協力していきたいですね。


なんか同じこと何度も書いてて無駄に長くなった感がありますが、自分の考えをまとめるってことで。
後から読み返して恥ずかしくなるんだろうなーとも思いながら記事を書いてみました。これを読んだ書店員さんが何かしら思うところがあれば幸いですね。

第二回ラノベ好き書店員大賞 開始しました

公式HPでも告知されましたので管理運営の一人としてこちらでも宣伝させていただきます。

第二回ラノベ好き書店員大賞 本日スタート!

です!
突発的にスタートさせた当企画ですが、各所で予想以上の反響があったので今年もやらせていただきたいと思います。

基本的な仕様は前回と同様となっておりますが、前回からの変更点として、今回は応募期間を応募期間を1か月短くしました。やはり2カ月以上あると途中でダレちゃう感じでしたし。その辺も踏まえて以下企画説明です。

【概要】
○応募者は『書店員』のみ。応募者の担当部署は不問ですラノベ担当以外でもOK。また社員・バイト・パート等も特に問いません。書店に勤めている方でしたらどなたでもお気軽にどうぞ。
○年間購読量は不問です。1冊でも面白いと思ったラノベがあれば、その1冊のご応募をお待ちしております


【応募について】
○応募作は『2012年にスタートした新作』のみ。書店員として「このタイトルを売りたい!」というものを教えてください。応募タイトルは以下を参照にしてください。エントリータイトルについては、今回も「文庫版型」のレーベルが対象となっております。また「18禁要素を含むもの」「ノベライズ」「BL」の作品については新作でも前回同様対象外とさせていただいております。
○順位をつけて1~3作品応募してください。「1位:5点」「2位:3点」「3位:1点」でとして集計します。点数の合計値でランキングを作成いたします。。
また、それぞれのタイトルにコメントを頂けると嬉しいです。ただし、コメントを戴いた際には基本的に公開OKが前提とさせていただきますのでご了承ください。
○投票の際、応募タイトルは略称ではなく、「正式タイトル」でのご投票をお願いいたします。(例、「俺ガイル」ではなく「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」等)
○応募期間は1月25日~2月28日までです。発表は3月20日の予定となっております

【応募先】
・投稿フォーム(推奨):https://ssl.form-mailer.jp/fms/7d6d8947186657
・メール      :trumpe3128@gmail.com


までよろしくお願いいたします。
投票じゃなくても疑問質問ご意見ご感想あればお気軽にメールしていただければと思います。
基本的に宣伝やお知らせはツイッター(@ranobe_syoten)で行っていきますので、質問等はこちらにリプライやDMを飛ばしていただいても構いません。


前述の通り、前回との変更点として、期日が1か月近く短くなっておりますので、投票の際はご注意ください。
結果発表後はランキングやコメント等公表したものに関しては自由に利用して是非ご活用くださいませ。展開に際して連絡等は特にいただかなくても構いませんが、「こういう風に展開したよー」って教えていただけると泣いて喜びます。

表題からもわかるように正直「本○大賞」のパk……オマージュではあるのですが、趣味でやってる部分が強いので、皆さま気軽に投票なりしていただければと。
楽しくいきましょう!
とはいえ、これは僕一人の力だけでは絶対に出来ず、書店員の方々を始め、多くの皆さまのご協力が必要です。

皆様、何とぞご協力の程よろしくお願いいたします!


※第2回のエントリータイトル一覧
誤字脱字、タイトルの抜け・ダブリ等発見されましたらお手数かけますがご連絡お願いいたします。
○電撃文庫
あなたが踏むまで泣くのをやめない!!御影瑛路nyanya
ようこそ、フェアリーズ・インへ!小河正岳得能正太郎
金は彼女の回りもの時田唯ひいろ
乙女ゲーの攻略対象になりました…。秋目人森沢晴行
VS!! ―正義の味方を倒すには―和泉弐式白羽奈尾
エスケヱプ・スピヰド九岡望
あなたの街の都市伝鬼!聴猫芝居うらび
ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー三河ごーすと切符
勇者には勝てない来田志郎refeia
明日から俺らがやってきた高樹凛ぎん
6 ―ゼクス―来楽零こずみっく
魔王のしもべがあらわれた!上野遊一真
オズのダイヤ使い末羽瑛Tea
アンダーランド・ドッグス中田明ひと和
ミニッツ ~一分間の絶対時間~乙野四方字ゆーげん
バニッシュ・ドロップス! 家出中アイドルをフォローしますか?おかゆまさき前田理想
ベッドルームで召し上がれ鈴木鈴しゅがすく
いるか寮の少女たちは恋できない辰川光彦Pikazo
ちびとも!中村一color
インテリビレッジの座敷童鎌池和馬真早
楽聖少女杉井光岸田メル
らぶなどーる!上月司アマガイタロー
楽園島からの脱出土橋真二郎ふゆの春秋
デュアル・イレイザー折口良乃黒銀
チェンライ・エクスプレス百波秋丸桶谷完
小悪魔ちゃんとMP0の少年近江泉美nyanya
天使の3P!蒼山サグてぃんくる
筋肉の神マッスル佐藤ケイさめだ小判
ハレルヤ・ヴァンプ山口幸三郎がおう
ペルソナ×探偵NAOTO間宮夏生副島成記、曽我部修司
朝岡ひよりのドキドキカルテ時田唯タケイオーキ
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン宇野朴人さんば挿
きみのぱんつを守りたい!麻宮楓ネムネム
簡単なアンケートです鎌池和馬はいむらきよたか
マグダラで眠れ支倉凍砂鍋島テツヒロ
選ばれすぎしもの!峰守ひろかず京極しん
人形たちの夢 前篇水鏡希人文京竹見
私とあなたの青春革命。広沢サカキCUTEG
秘密結社とルールと恋寺田海月nauribon
スクリューマン&フェアリーロリポップス物草純平皆村春樹
クロクロクロック1/6入間人間深崎暮人
ヴァルトラウテさんの婚活事情鎌池和馬凪良
きわめて忍極阿智太郎赤りんご
やがて魔剱のアリスベル赤松中学閏月戈
雪の翼のフリージア松山剛ヒラサト
ペニンシュラの修羅吉田親司甘塩コメコ
世界の終わり、素晴らしき日々より一二三スイ七葉なば
S.I.A ―生徒会秘密情報部―長月渋一NOCO
魔王と勇者の兄妹カンケイ黒羽朽葉百円ライター
アニメアライブ秋傘水稀わだぺん。
独創短編シリーズ 野﨑まど劇場野﨑まど森井しづき
ラストセイバー 救世の後継兎月山羊荻pote
五線譜なんて飾りですっ!一色銀河wingheart
完璧なレベル99など存在しない周防ツカサ明坂いく
ノロワレ 人形呪詛甲田学人三日月かける
シスターサキュバスは懺悔しない折口良乃KeG
異端児たちの放課後形代小祈兎塚エイジ
魔遁のアプリと青炎剣天鴉蒼ねりま
彼女はワロスの盟主さま はじめての天下逃一光野鈴笹森トモエ
ブラックサンタとレインディア泉谷一樹白味噌

○ファンタジア文庫
いもうとコンプレックス! ―IC―稲葉洋樹代官山ゑびす
絶対服従カノジョ。 1.いいか、魔眼はつかうなよ?春日秋人樹人
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。左京潤戌角柾
ライジン×ライジン RISING×RYDEEN初美陽一パルプピロシ
消えちゃえばいいのに和智正喜東条さかな
鳩子さんとラブコメ鈴木大輔nauribon
姫狐の召使い春日みかげp19
期間限定いもうと。1長岡マキ子Anmi
グロリアスハーツ淡路帆希文倉十
双界のアトモスフィア筧ミツルrefeia
スカイ・ワールド瀬尾つかさ武藤此史
ルースターズ 1.魔法銃とアルフライラの秘宝雑賀礼史TOKIAME
対魔導学園35試験小隊 1.英雄召喚柳実冬貴切符
シークレット・ハニー 1.船橋から愛をこめて深見真しゅがすく
デーゲンメイデン 1.台場、両断田口仙年堂柴乃櫂人
銀の十字架とドラキュリア十月ユウ八坂ミナト
冴えない彼女の育てかた丸戸史明深崎暮人
ボクの可愛い国家令嬢鏡遊QP:flapper
冠絶の姫王と召喚騎士宮沢周Current Storage
ダウトコール ―三流作家と薄幸執事の超能力詐称事件特別対策―マナベスグル桐野霞
落ちこぼれの竜殺し1橘ぱん呉マサヒロ
司令官レオンの覇道築地俊彦風瑛なづき
フロムエース1 可愛すぎるクラスメイトとバイトするんだけど、何か質問ある?尼野ゆたか瑠奈璃亜
アリストテレスの幻想偽典 1.禁忌の八番目永菜葉一能都くるみ
黒鎖姫のフローリカ坂照鉄平鍋島テツヒロ
緋剣のバリアント小山タケルマニャ子
アーマード・マーメイド風見周
皇国のフロイライン河端ジュン一遙華ナツキ

○スニーカー文庫
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している春日部タケルユキヲ
クロス×レガリア 吸血姫の護りかた三田誠ゆーげん
放課後は無敵ですが、何か? 戦う少女の、群雄割拠秋水しらび
サイハテの救世主 PAPER I:破壊者岩井恭平Bou
ベイビー、グッドモーニング河野裕椎名優
ここから脱出たければ恋しあえっ1竹井10日かれい
七星降霊学園のアクマ 01 グラトニー・シールド田口仙年堂夕仁
聖断罪ドロシー01 絶対魔王少女は従わない十文字青すぶり
恋は選挙と学園覇権!秋山大事双龍
彼女たちのメシがマズい100の理由高野小鹿たいしょう田中
新妹魔王の契約者 I上栖綴人大熊猫介
魔王と勇者の0フラグ宮地拓海日向悠二
メイド様の裏マニュアル トラブル1:俺より強くなった場合高木敦史穂里みきね
不本意だけどハーレムです。ただしネットに限る (仮)伏見ひろゆき仁村有志

○MF文庫J
あおはるっ!内田俊Tiv
神聖魔法は漆黒の漆原さん森田季節Mitha
無気力勇者と知りたがり魔王冬木冬樹水月悠
俺が彼女に迫られて、妹が怒ってる?野島けんじ武藤此史
そんな遊びはいけません! ~君がいると風紀が乱れる~岩波零皆村春樹
ノーゲーム・ノーライフ ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです榎宮祐榎宮祐
剣神の継承者鏡遊みけおう
妹が魔女で困ってます。星家なこなちゅらるとん
落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国舞阪洸よう太
小悪魔ティーリと救世主!?衣笠彰梧トモセシュンサク
アブソリュート・デュオ 告白は蒼刻の夜に柊★たくみ浅葉ゆう
一年十組の奮闘 ~クラスメイトの清浄院さんが九組に奪われたので僕たちはクラス闘争を決意しました~十文字青しらび
執事なシツジと魔法契約三門鉄狼鷹乃ゆき
学戦都市アスタリスク 01. 姫焔邂逅三屋咲ゆうokiura
蒼柩のラピスラズリあさのハジメ菊池政治
バロックナイト overture:幻想接続葉村哲ほんたにかなえ
森羅万象を統べる者 〝万物創造〟水月紗鳥有河サトル
失敗禁止! 彼女のヒミツはもらさない!真崎まさむねさより
ドリーミー・ドリーマー弥生志郎基井あゆむ
瑠璃色にボケた日常伊達康えれっと
スリーピング・ストレーガ 転入少女の魔術戦略真野真央風瑛なづき
ディバースワールズ・クライシス九條斥えむけー
友達からお願いします。清水マリコ熊虎たつみ
ヒメこえ太田顕喜雛咲
水のマージナル片岡とも犬洞あん
盟約のリヴァイアサン丈月城仁村有志
お願いだから、あと五分!境京亮きみしま青
風に舞う鎧姫小山タケル片桐雛太
白銀の救世機天埜冬景黒銀

○ファミ通文庫
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金1鳳乃一真赤りんご
明智少年のこじつけ (1)道端さっと春日歩
キュージュツカ! (1)関根パン小路あゆむ
SUSHI-BU! 1貫目西野吾郎よう太
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件野村美月karory
連鎖のカルネアデスひびき遊八重樫南
はなぢ店長じゃ、だめですか?1新木伸火曜
武装中学生2045 ―夏―岡本タクヤ黒銀
黒鋼の魔紋修復士1嬉野秋彦ミユキルリア
も女会の不適切な日常1海冬レイジ赤坂アカ
学校の外階段櫂末高彰甘福あまね
デキる神になりますん森田季節nauribon
みぃくんのちくわぶ(+俺)乙姫式雛咲
うさぎロボ1 謎の妹と俺たちのUFO探索記佐藤了しゅがすく
バタフライ×ブレイクダウン1 君が世界を救うというなら佐々原史緒H2SO4
夢見のサクヤ 死の予知はキスで訪れる城崎火也ともすけ
ゆとりガジェット 1 一之瀬ゆとりのヒロシヒーロー化計画始動!月本一himesuz
僕の学校の暗殺部深見真ふゆの春秋
ぜんぶ彼女に「視」られてる?淺沼広太すぶり
もちろんでございます、お嬢様1竹岡葉月りいちゅ
ひるねねのききねね関根パン小路あゆむ
覇剣の皇姫アルティーナむらさきゆきやhimesuz
ノニアレ初心音コマねりま
魔女の絶対道徳森田季節NOCO
茉建寺エリノアの非主流科学研究室榊一郎ちり
リインカーネイションの彼方藤原健市ネコメガネ

○スーパーダッシュ文庫
アプローチ、アプローチ そして彼女は救いを言った。葉巡明治小川ハリ
魔王な使い魔と魔法少女なみみとミミ
神をしめなわっ!番棚葵水沢深森
銀のプロゲーマー岡崎裕信龍太
オトメ3原則!松智洋ななろば華
まだなのマイヒーロー!?あきさかあさひ玖条イチソ
ボイス坂 ~あたし、たぶん声優向いてない~高遠るい高遠るい
踏んだり蹴ったり! あの娘の笑顔を守ったり川添枯美白井エイリ
フールズフィスト阿羅本景QUZ竜
暗号少女が解読できない神保静波ぐらしおん
God Bravers 君の勇者に俺はなる!永井十茂コミズミコ
3月のジェルミナルついへいじりう 原作:星屑七号星屑七号
飛火夏虫―HIKAGEMUSHI―皆藤黒助ヤッ
エンド・アステリズム なぜその機械と少年は彼女が不動で宇宙の中心であると考えたか下村智恵理黒銀
天宮伊月の戦争 ~終わる世界の物語~涼野遊平Nidy-2D-
ジェスターゲーム 欲すれば望み、奪え赤井紅介
黒猫の水曜日 Wednesday in Chat Noir地本草子鵜飼沙樹
魔女狩り探偵春夏秋冬セツナ (仮)赤月黎しろくじら
レンカク ~告白決闘カードゲーム~穂邑正裕桑島黎音
出撃!!ノブシ・ストライカーズ清水文化イチリ
萌音楽のススメ☆月宮うさぎこげどんぼ*

○GA文庫
眠らない魔王とクロノのセカイ明月千里閏月戈
ブラパン!笠原廣野Nardack
うちの居候が世界を掌握している!七条剛希望つばめ
反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。日日日焔すばる
アリス×アカデミィ ―彼女のついたウソ―関涼子深崎暮人
ありす×ユニバース ―キャプテンはJK―関涼子深崎暮人
木崎くんと呼ばないで!長物守みけおう
おまえは私の聖剣です。大樹連司飯沼俊規
彼女の恋が放してくれない! 俺たちは手錠で繋がっているだけの健全な友達です。海空りく有河サトル
異能バトルは日常系の中で望公太29
妹は僕に手を出すなっ!木緒なち久坂宗次
空に欠けた旋律葉月双駒都えーじ
男子高校生のハレルヤ!一之瀬六樹ありえこ
マ・オー ―魔王、日本が舞台のオンラインゲームを始める―夏寿司ideolo
聖剣使いの禁呪詠唱あわむら赤光refeia
ハンドレッド ―ヴァリアント覚醒―箕崎准大熊猫介
幻國戦記 CROW ―千の矢を射る娘―五代ゆう山本ヤマト
しきもんつかいはヒミツの柊さん桂木たづみパセリ
ある日、神様がスマホにおわしまして雨野智晴かんなぎれい

○HJ文庫
ヤツの眼鏡は伊達じゃない浅野大志朝倉はやて
アウトスタンディング ―常識ハズレな奴ら―在原竹広shri
吼える魔竜の捕喰作法内堀優一真琉樹
私のために創りなさい!坂井テルオな!
シンマと世界と嫁フラグ ~びっくりするほどハーレムです~空埜一樹にろ
タタリ・ブレイカー弑子榊一郎bon
悪に堕ちたら美少女まみれで大勝利!!岡沢六十四むつみまさと
月花の歌姫と魔技の王翅田大介大場陽炎
魔王なオレと不死姫の指輪柑橘ゆすらしゅがすく
紅鋼の精霊操者ハヤケン
サムライブラッド ~天守無双~松時ノ介津雪
アヌヴィス! こうして俺は最強のデスワームになりました草薙アキさざなみみぉ
幼なじみと妹が俺の妄想で邪気眼デイドリーム久遠くおん多門結之
リア王。若桜拓海モノリノ
ラブコメ圏外内堀優一かわいそうな子
神話戦域のグラフィクス 九十九番目の破壊者無嶋樹了すみ兵
リップスファントム VS光速の神槍鯨晴久きくらげ
天帝学院の侵奪魔術師 ~再臨の英雄~藤春都refeia

○ガガガ文庫
競泳戦隊ミズギーズ舞阪洸黒銀
人生川岸殴魚ななせめるち
ボンクラーズ、ドントクライ大樹連司白味噌
森の魔獣に花束を小木君人そと
こわれた人々高岡杉成モフ
空知らぬ虹の解放区秀章綾歌リュウイチ
飛べない蝶と空の鯱 ~たゆたう島の郵便箱~手島史詞鵜飼沙樹
猫にはなれないご職業竹林七草藤ちょこ
俺、ツインテールになります。水沢夢春日歩
狩りりんぐ! ~萩乃森高校狩猟専門課程~森月朝文いわさきたかし
下ネタという概念が存在しない退屈な世界赤城大空霜月えいと
憂鬱なヴィランズカミツキレイニーキムラダイスケ
あそびの時間 暗黒遊戯昇天編本岡冬成九韻寺51号
疑心恋心丸山英人ATARU
とある飛空士への誓約1犬村小六森沢晴行
セックス・バトルロイヤル!白都くろの雛咲
つきたま ※ぷにぷにしています森田季節osa
やましいゲームの作り方荒川工nauribon

○一迅社文庫
まほねーず☆とらいあんぐる佐々宮ちるだ白猫参謀
鈍感な僕と鋭い彼女にのまえあゆむしらび
死にたくなければ××! 脱ぐのは絶対にイヤ!葉原鉄八坂ミナト
この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?!1川口士鈴木屋16号店
誰よりも優しいあなたのためにあきさかあさひだいん
XIII番の魔符詠姫手島史詞桐野霞
だから少女はおもいでをたべる七鳥未奏Rけん
JSが俺を取り合って大変なことになっています糸緒思惟小路あゆむ
淫魔に狙われた俺のDTが危険なんだが瑞嶋カツヒロKAKERU
覚えてないけど、キミが好き比嘉智康希望つばめ
あくまでも、妹が欲しいんです。水無瀬さんご犬洞あん
憧れのあの娘が突然迫ってくるんだが、どうしたらいい?天草白けこちゃ
八丈島と、魔女の夏小椋正雪水月悠
異世界の魔法使いがうちに居候中です!?にのまえあゆむあまかわあきと
きゃんでぃっど 乙女とカメラと地獄突き小幡休彌飯塚晴子
閃弾の天魔穹早矢塚かつや基井あゆむ
最近の妹ブームはどうやら俺のおかげらしいですよ藍上ゆう生煮え
√4 この家の住人はみんな異常です。太田僚白羽奈尾
俺ンタル!! レンタル男子はじめました水内あかりへるるん
恋人にしようと生徒会長そっくりの女の子を錬成してみたら、オレが下僕になっていました月見草平さくらねこ
剣刻の銀乙女手島史詞八坂ミナト
急募)美少女達のフラグをへし折り、委員長を辞める方法栗栖ティナ雪路時愛
なにはなくともお世継ぎを!川波無人桑島黎音
さくらソナタ箕崎准綴り
恋愛恐怖症の僕のまわりに、恋人候補しかいないんですけど!天草白けこちゃ
猫は勘定にいれません、もちろん家にもあげません水口敬文たろプン
銀閃の戦乙女と封門の姫瀬尾つかさ美弥月いつか

○講談社ラノベ文庫
ちょこプリ! 1.巨人になった日後藤リウみやこかしわ
アニメ化企画進行中(仮)!?我道カケユ白羽奈緒
魔法使い、でした。1砂顔実上田夢人
神童機操DT-O phase01幾谷正御山ロビ
スクール・デモクラシー!1吉村夜鍋島テツヒロ
好敵手オンリーワン1至道流星武藤此史
小夜音はあくまで小悪魔です!?1東出祐一郎吉田音
大帝国 (上) 宙の魔女 黄金の鷲浜崎達也 原作:アリスソフト江端里沙
デッドエンドラプソディ草薙絡田中将賀
この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!水樹尋2C=がろあ
いけめん彼女1 ~学校一のイケメンに告白された俺~日日日剣康之
彼女がフラグをおられたら こんな女子ばかりの体育祭に出られるか、僕は二人三脚に出させてもらう竹井10日CUTEG
まお×にん!1やますゆきたかかのえゆうし
雨乞い部っ!1青柳碧人KEI
日本子・チャチャチャ あいむジャパン日富美信吾狐印
放課後バトルフィールド弓弦イズル美和美和
魔法少女地獄安藤白悧kyo
ごーいんぐ?ほーみんぐ!1霧鳴篤明COMTA
ベニ・コンプレックス1曽我部浩人双龍
イクシオンサーガ 盗賊の庸兵団秋口ぎぐる 原作:CAPCOMみやこかしわ
銀糸の魔法式 1.魔法使いの実習生浅倉イネもっつん*

○KCG文庫
生徒会に行きましょう!!1 私に清き一票を入れなさい武蔵野司、椎名恵水
できそこないの救世主黒菱健鹿澄ハル
男子高校生の憂鬱赤橋信針玉ヒロキ
動機演出家 雪織廿楽のヒトゴロスイッチ飯山満ぽぽるちゃ
プリズミックデイズ琴塚守里桜沢いづみ
狼男と人魚姫渡邊裕多郎藤渡
カゲロウデイズ -in a daze-じん(自然の敵P)しづ
仮面聖女と贋作家沢上水也flowerchild植田
ある日突然美少女の幽霊にとり憑かれてしまった訳だが山崎もえ小波ちま
第三校舎のオルフェウス宮城野はこねのん
主人公の多すぎる世界で空乃下榎本ひな
妹トラップ! 外道な兄と使われ妖怪友野詳西脇ゆぅり
傾世のカフカ北条アキ77gl
吸い尽くしたいお年頃 ―もしかして落ちこぼれ魔導師の成功譚―雨宮黄英水上凛香
正しい魔導の使い方 ―blood×blood―羽田トモ住馬都
華のアラシ!太田顕喜ノヤマコト
カードで召喚☆美少女バトル!! 酒池肉林の変態王バチカトウドリ
せいふく! この中に誰か神貧乳はいらっしゃいませんか!?なぽりたん磁油2
地獄野球☆ワイルドウィッチーズ 美少女だらけのチームでプレイボール!?孝岡春之介 原作:高崎とおる松之鐘流
SatanDay Nightらきるちシロウ

○このライトノベルがすごい文庫
オカルトリック大間九郎葛西
しずまれ!俺の左腕おかもと(仮)NOCO
魔法少女育成計画遠藤浅蜊マルイノ
クロス・エデン1 魔法王国ミシュリーヌ編 [前]吉野匠村上ゆいち
創世の大工衆 刻を紡ぐ幻の音色藍上ゆうぴょん吉
グッドナイト×レイヴン深沢仁
アニソンの神様大泉貴のん
ロゥド・オブ・デュラハン紫藤ケイ雨沼
薄氷あられ、今日からアニメ部はじめました。島津緒繰KD
魔王討伐!俺、英雄…だったはずなのに!?遊馬足掻しゅがすく
オレを二つ名で呼ばないで!逢上央士COMTA
ファウストなう飛山裕一HRD
剣澄む ―TSURUGISM―ますくどricci
千の剣の権能者紫藤ケイキムラダイスケ
紅炎のアシュカ紫藤ケイNardack

○その他男子レーベル
かんづかさくしまちみなとやすゆき
RAIL WARS! ―日本國有鉄道公安隊―豊田巧バーニア600
忍ビノエデン中村啓Koi
Non night Babylon ~白銀のイル~六花梨花
ヤジまん! ~オヤジ心は満員御礼!~佐藤正義こちも
リリィフレンドオリグチレイ真時未砂
名探偵は推理しない村田治POKImari
ウルトラマン妹小林雄次 監修:円谷プロダクション水瀬凛
妹がスーパー戦隊に就職しました大橋崇行ぐらしおん
イモート・オブ・ザ・リング乙鳥形奈塩原信一
リア充は爆発しろ、ガチで!天姫あめnyanya
だってメープルは甘すぎる! 恋の雪解け、嵐の訪れ宮村優柊ましろ
いつまでもChu~に病くしまちみなとpun2
アイドルは恋しちゃいけないの!倉田真琴なまもななせ
美少女と一緒にゲームを作ったら死ぬほど楽しいに違いない大竹康師宮あゆこ
屍は美少女の香りくしまちみなとカズミヤアキラ
ウォルテニア戦記 ローゼリア王国内乱編 (上)保利亮太静岡叶遠
地味な青年の異世界転生記 朱色の友情鵜一文字KONRI
ネフシュタニアさまの永遠じゃない日々旨井某久坂宗次
彼女が衛生兵で歩兵が俺で篠山半太西出ケンゴロー
君と歩んで恋色ミッション ~未来から来た彼女は現代でお仕事を学ぶそうです~藍上ゆう如月桐葉
極光のロマンティア 「さあ、もう一度恋をしましょう」と、戦乙女はささやいた寺田とものりみよしの
かまいたちの娘は毒舌がキレキレです木戸実験かにたまころっけ
妹はラノベの女神ちゃん酒井直行鍋島テツヒロ
メリーさんが出たよ。沢城樹KeG
竜殺しの過ごす日々1赤雪トナ碧風羽
理想のヒモ生活1渡辺恒彦文倉十
青春サイバーアクション漫才ハードボイルドコメディな転校生リタ・ジェイとばり
おとめ桜の伝説くしまちみなとはたち
異世界迷宮でハーレムを1蘇我捨恥四季童子

○角川ビーンズ文庫
秘密のロイヤル・プリンス 兄上、旅立ちの時間ですあさぎ桜、藤谷燈子あさぎ桜
とらわれ舞姫の受難 はた迷惑な求愛者雨川恵まち
王立エトワール近衛隊 氷の薔薇に敬礼を栗原ちひろ櫻井しゅしゅしゅ
狐と乙女の大正恋日記 貴女、憑かれてますよ?月本ナシオCiel
蒼の狼は華を愛でる はじまりの音色岐川新周防佑未
花神遊戯伝 よろしく遊べ、この異世界糸森環鳴海ゆき
デ・コスタ家の優雅な獣喜多みどりカズアキ
花宵の人形師 あるじ様は今日も不機嫌梨沙梯太
女神と棺の手帳文野あかね高星麻子
俺の悪魔は色々たりない! 白の祓魔師と首だけ悪魔時田とおるサマミヤアカザ
臨床犯罪学者・火村英生の推理 I 46番目の密室有栖川有栖麻々原絵里依
魔界カンパニー そのお願い、悪魔が承ります!夜野しずくひだかなみ
王子はいつでもガチ勝負! はじまりは神剣、だろ?望月もらん松本テマリ
俺の悪魔は色々たりない! 黒の葬儀屋とワケあり転校生時田とおるサマミヤアカザ

○コバルト文庫
記憶泥棒 きっとあなたを好きになる神埜明美凪かすみ
夢の宮 ~竜のみた夢~今野緒雪久下じゅんこ
鏡の国の魔王山本瑤明咲トウル
英国マザーグース物語 婚約は事件の幕開け!久賀理世あき
光源氏の花嫁真船るのあ緒田涼歌
レドラナール恋物語 蜜色の花園梨沙カスカベアキラ
貴公子ラッドの受難 ~彼が麗しの花嫁を迎えるまで~我鳥彩子犀川夏生
毒舌姫と精霊の祝福せひらあやみくまの柚子
ロスト・グレイの静かな夜明け野村行央竹岡美穂
ゴシック・ローズ 悪魔の求婚小糸なな明咲トウル
月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ!氷室冴子今市子
わたしの嫌いなお兄様松田志乃ぶ明咲トウル
大公様の花嫁さがし 猫かぶり姫、奮戦ス!ひずき優椎名咲月
海の娘が生まれるところ山本瑤山本鳥尾
求婚許可証いりませんか?榎木洋子カスカベアキラ
恋の翼を手にいれて☆ 騎士との恋は突然に?かたやま和華旭炬
乙女風味百鬼夜行 怖がり令嬢と視える婚約者長尾彩子起家一子
薔薇の純情 背徳の黒き貴公子響野夏菜椋本夏夜
写楽あやかし草紙 月下のファントム希多美咲湖住ふじこ

○ビーズログ文庫
戦う王女と迷える騎士 ~神とある国の物語~剛しいら佐倉汐
小悪魔ステラと呪いの皿 ~オオカミ男にご用心!~夏目瑛子鳴海ゆき
ファントムのキス ~男装メイドとエセ牧師~奈波はるかつきのおまめ
神の獣と天の華 銀箱が導いた一途な神サマ秋月志緒風都ノリ
おこぼれ姫と円卓の騎士石田リンネ起家一子
瑠璃龍守護録 花嫁様のおおせのままに!?くりたかのこキリシマソウ
テキトー王子、父になる(七人)。汐見まゆき松本テマリ
乙女ゲームの世界へ、ようこそ! ~薔薇色の人生を君と~水澤なな文月ナナ
プリンセス×テンペスト 奪還は薔薇のように美しく志麻友紀由貴海里
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚できたら一攫千金!~夕鷺かのう山下ナナオ
革命は恋のはじまり ~え?後宮解散ですか!?~小田菜摘雲屋ゆきお
あやかし恋綺譚 あなたをサイヨウ!の巻佐々木禎子明咲トウル
キュビズム・ラブ ~悩める博士と恋する小箱~芝村裕史松本テマリ
仮面の殿下と三憂士 「これって誘拐ですか、救出ですか!?」尾久山ゆうか相葉キョウコ
兎月恋絵巻 ~良縁は余計な刻にやってくる~甲斐田紫乃梶山ミカ
恋の因果律 裏切りものの恋の詩緑川愛彩日吉丸晃
アデリナと気まぐれな花園 ―綺麗な薔薇には棘がある―留萌まりか犀川夏生
いばらの恋迷宮 愛の呪縛と復活の魔女あすかカスカベアキラ
暁は闇に恋をする瑞山いつきつきのおまめ
紺碧の騎士団 ―サラキアの書と海の宝石―秋月志緒硝音あや

○ルルル文庫
巫女姫様と千年の恋葵木あんねすがわら竜
妖精とキス弓束しげる日野杏寿
赤き騎士と黒の魔術師みどうちんくまの柚子
お嬢様と魅惑のレッスン宇津田晴結賀さとる
天外遊戯ミズサワヒロ高星麻子
英雄の占星術師華宮らら凪かすみ
反逆の花嫁鮎川はぎのねぎしきょうこ
銀竜姫とかしこい良縁のススメ斉藤百伽椎名咲月
親愛なる花盗人へ恋の罠を ご主人様なシリーズ宇津田晴結賀さとる
英雄の占星術師 はじまりの軌跡華宮らら凪かすみ
花嫁は双竜に奪われる葵木あんね山下ナナオ
人形姫と身代わり王子みどうちんくまの柚子
初恋グランギニョル鮎川はぎの結賀さとる
バルベスタールの秘婚平川深空くまの柚子
夢見る人魚と契約のキス天正紗夜ねぎしきょうこ
織姫と地獄の帝王葵木あんね山下ナナオ
身代わり歌姫の憂鬱深山くのえサカノ景子
マーメイドロマンティカ珠城みう明咲トウル
彼氏☆カフェ イケメン彼氏はじめました。みどうちんくまの柚子
精霊王の契約 ~騎士と乙女の恋愛狂想曲~宇津田晴高星麻子
婚約者の引継ぎ書斉藤百伽椎名咲月
恋する天女と四人の花婿葵木あんね山下ナナオ
〈恋死に王〉と迷子の寵妃平川深空凪かすみ
不思議の国のアポカリプス片瀬由良藤間麗

○アイリス文庫
悪食姫 恋する悪魔のプロポーズ加納邑椎名咲月
悠久の姫君 ~宿星は乙女を誘う~矢吹ましろ風都ノリ
騎士は踊る ―マグノリア・ナイツ―水壬楓子高山しのぶ
王妃の剣 騎士の誓いと公爵家の秘密佐槻奏多Ciel
歌うたいと魔女の恋 ~聖楽師は運命を奏でる~夏居あやもぎたて林檎
天剣のセレン 邪神の花嫁と暁の王子菅沼理恵池上紗京
眠れない悪魔と鳥籠の歌姫瑞山いつきカズキヨネ
ささら咲く ―化生国牡丹花伝―紫月恵里山下ナナオ
魔道士の研究日誌 精霊はハチミツがお好き?かいとーこ増田メグミ
灰かぶり姫と吸血鬼 ~ブラッディ・ガーネットの少年伯~かたやま和華松本テマリ
〈赤の女王〉候補生 退学はロマンスのはじまり!?響野夏菜仁藤あかね
盗賊プリマと憂鬱な王子様 ~コメディア・デラルテの舞姫~高丘しずるSHABON
呪禁の姫と銀の夜叉 ~秘密のキスは灯りを消して~石倉リサ犀川夏生
銀狼王の求婚 箱庭の花嫁小野上明夜Ciel
うたう鳥のよる ~千夜一夜に巫女は舞う~古戸マチコ柊暁生
夏祥政妃奇譚 あけぼし光る天原ちづる岸和田ロビン
新婚魔女姫の初恋 猫王子とあまのじゃくなキス宮瀬ユウ石川沙絵
ローディアの星炎術師 君と奏でる緋色の奇跡佐槻奏多西緒十琉
誓約のエフェメラ 悪魔伯爵と焔の乙女朝戸麻央鳴海ゆき
プリンシアの花姫 雪の伯爵と氷の伯爵沢城利穂くまの柚子
紅林檎姫と7人の悪党千野桃風都ノリ
妖精姫の花嫁修行月本ナシオかる
呪われ王子と森の魔女深月織鏑家エンタ
ともかがみの姫君 ~恋染めし黄金の鈴~榛乃綾子川人やすたけ
恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁糸森環榊空也
アンティーク ~花の乙女と輝石の守護者~水島忍雲屋ゆきお



以上男子レーベル349タイトル、女子レーベル103タイトルが対象作品です。

去年のエントリー数は男子レーベル255タイトル、女子レーベル107タイトルでした。
今年も新規レーベルが参戦したせいもあってか、去年より50タイトル近くも新作が増えてますね。

検索フォーム

アクセス

プロフィール

trumpe3128

Author:trumpe3128
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。