Entries

スポンサーサイト

「小説の神様」 感想

感想書くのもあまりにも久しぶりだが、本を読んだあと「とにかく今すぐ感想を書きたい!」という気分になった本は本当に久しぶりである。最初読み始めた時は「まーた最近はやりの作者系主人公かぁ」とも思ったものだったが、そんな辟易した気持ちとは裏腹に、鬱屈した主人公の語りと、ヒロインとの軽妙なやりとりのバランスがよく、物語に徐々に引き込まれていった。書きたいものが売れない。売れないと続きが書けない。でも書きた...

Appendix

プロフィール

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。