Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/114-ce88010c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

黒鋼の魔紋修復士3 感想

ツンデレ

というワードが生まれたのは革命的だったが、しかしてこの手のキャラはそれ以前からヒロインとして高い地位を築いていた。
いやさ、ヒロインだけではない。どこのポジションでもこの手の性格を持つキャラクターは高いポテンシャルを発揮してきたのである。

そしてこの作品「黒鋼の魔紋修復士」は主人公がツンデレである。しかも重度のツンデレ。

最後までヒロインにデレない主人公とかすごいと思います。

ボーミーツガールという概念を根本から覆すようなツンっぷり。2巻終盤になっても全然ヒロインになびかない主人公とは!
魔法を使う素質はあれども、実戦経験ゼロで力任せに魔法を振り回すしか能がなく、しかも敵に捕らえられるようなダメダメヒロインだったが、3巻ではどう成長しているのか。そして、ヒロインと主人公の関係は進展するのか?

という、1・2巻のハイライトから以下3巻感想です。


パンツじゃないからはずかしくないもん!

いやさ失礼。
しかし、3巻のカラーページ見て本文読み進めていくと読者は誰もがそう思うでしょう。
「こいつ……ズボン履いてない……だと!?」
神巫として新たな任務を受けたディタミールとヴァレリア。その任務とは軍拡を進める同盟国・ハイデロータへ行くというもの。
そしてハイデロータで出会った神巫はズボンをはいていなかったのだ!(バーン

重要なのはそこではなく。
新しい神巫としての力量を常に試され続けるヴァレリアと、それを辛辣な言葉でもってフォローするディタミールのコンビは今回の旅で関係は進展するのか。
そして「魔法工学」という新たな概念を取り入れつつある周辺諸国とのパワーバランスはどうなっていくのか等。
世界は平和を保っているように見えるがその実、水面下では神巫や軍を動かしあいお互いの腹を探り合っている。
前巻まではどちらかというと、神巫であるヴァレリアの経験値を詰ませるための斥候的な意味合いが強かったが、今回は他国の神巫も出てきて本格的に戦史モノファンタジーとしての色が強くなってきたかなと。
特にラストの部分から物語が加速を始めた感が出てきて、いよいよ今後に期待できますね。
それぞれの登場人物の背景もまだまだ謎だらけだし、『神巫』という役職がただ強い魔法が使えると言うだけでなく、世界背景にどのように関わってくるのかというのところも気にりますね。
そして気になる主人公ペアの進捗具合ですが……ちょっと前進した……かなぁ。
まだまだ先は長いけど、頑張れヴァレリア! 
でも僕はカリン様の方が好きだ!
黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)
(2012/08/30)
嬉野秋彦

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/114-ce88010c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。