Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/119-064cf8ef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

マージナル・オペレーション2巻 感想


凄腕傭兵オペレーター日本へ帰還。

かつてニートだった男が何の因果か銃を使わないとはいえ傭兵となり、東南アジアでの戦いを経て日本へと戻ってきた。それも24人もの子供たちを連れて。
日本へ戻ってきたアラタと子供たちを迎えたのは政府組織を名乗る「イトウ」という女性だった。
日本という国で一体彼ら傭兵はどのように行動するのか。

2巻は大体こんな内容。
1巻は「ニートだった男が傭兵になるお話」でしたが、今回は傭兵となった子供に対してアラタはどう接して、そしてどう扱っていくのかというのがメインとなっていました。
日本という舞台ではどうしても銃や傭兵といった存在は活躍しにくいのでしょうがないとは思うのですが、ドンパチが少なくて個人的にはちょっと不満。
しかし逆に言うとそういった環境でも傭兵という立場の人たちにもニーズは存在するんだということ。そして相変わらずリアルすぎるマネー事情。傭兵って以外と儲からないんですね……。
もうちょっと日本でアレコレするのかと思ったけど意外とあっさり国外に行くことになりましたね。
3巻も出る予定だしよかったよかった。
終盤しかアラタの本領発揮してませんでしたが、「子供使い」としての実力はチラリと垣間見えたので、次回この辺をもっといっぱい書いてくれることを期待。

マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)
(2012/09/14)
芝村 裕吏

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/119-064cf8ef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。