Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/120-778a5a35

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

とある飛空士の誓約 1巻 感想

新シリーズきたあああああああああああああああ!!!!!!

夜想曲から1年。
「追憶」の主人公・シャルルの最大のライバルである“ビーグル”こと千々石の壮絶な人生を最後に幕を引かれたと思った飛空士シリーズが新シリーズでまたもや登場。

まったく、ガガガ文庫もいつまでも飛空士シリーズにしがみついてるんですかね? いい加減新シリーズでもいいんじゃないですか?
なんていう心境があったのも正直なところ。
いやまぁファンだから買うけどね。飛空士シリーズ大好きだし? ただ、あれだけいい終わり方したシリーズなのにまた新しく出すのは蛇足にならないかしら……

完 全 に 杞 憂 だ っ た

正直表紙からにじみ出るオーラからして「こいつは間違いなく面白いぜぇ」って語りかけてきて(錯覚)鳥肌たってましたし。
ページをめくりながら何度も「読み終わるのがもったいない」という感覚になったのは久しぶりでした。
命がけの困難を乗り越えた7人の若い飛空士たち。出自や思想は違うが「仲間」となった瞬間。そしてかぐらが言った『誓約』
この誓約を見た瞬間、冒頭の語りがフラッシュバックのように蘇った。

『5人の英雄、そして2人の裏切り者』

あぁ、この7人はこういう運命を辿ることになるんだなと。
運命とはなんと残酷なのだろうか。
それでもなお、この純粋な約束を果たすためだけにこの7人の飛空士たちは全力で戦ったのだろう。
その終着点に至るまでの物語のスタート地点でこの面白さである。
よく考えてみると1巻通してやったことって7人で敵中突破して命がけで留学したってだけ(だけってのもアレだが)なんだけど、伏線ばらまきすぎてもう続き気になってヤバい。結末が見えてるだけに始末が負えない続きの気になり具合。発狂するレベル。
『ハチドリ』の正体とは。
イリアが夢で見たビジョンは。
冒頭でとある騎士が助けた『王家の子』とは誰なのか
敵国のエース「黒豹」とは何者なのか
そして、過去作との関連性は。

気になる点が多すぎである。
犬村先生自身をして「シリーズ最大のスケール」というだけあり、7人のキャラクターそれぞれの過去を掘り返すだけではなく、それに絡めた他のエピソードまで盛り込んで来ている。そうなってくると1巻は本当にただのキャラ見せだけになりそうなものだが、空戦シーンも入ってきてメリハリもしっかりしている。
特に空戦シーンは今までの経験値が存分に生かされており、戦闘の緊張感はかつてない程だった。
やっぱりこのシリーズ大好きだわ。
ありがとう犬村先生! ありがとう森沢先生! ありがとうガガガ文庫! あざとすぎるガガガ文庫最高です!
だからお願い続きはよ頼む!

とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)
(2012/09/19)
犬村 小六

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/120-778a5a35

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。