Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/136-673d5f27

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

のうりん 5巻 感想


おっぱい回です。
みごとなまでに全編通して登場人物たちが「おっぱい!」と連呼する1冊となっております。
そう、我らがおっぱいこと良田胡蝶さんメイン話です。
「1年生は全員部活に入らなければいけない」という決まりがある田茂高校だが、林檎は2年からの編入だったので、まだ部活経験がなかった。ということで、林檎も何かしら部活に入れと指令が下り、アレコレ探した結果辿りつたのが良田さんが部長を務める
「現代動物調教研究同好会」通称・どうちょけんだった!
耕作や農などもどうちょけんに入部し、おっぱいさんと共に牛の調教について学んでいくことに。調教と言っても別にエロい意味ではない。牛という生き物の特性、そして人間との付き合い方、そういったことを覚えながら牛との関係を築いていくのだ。
しかし、その牛はタダの牛ではない。将来的に自分たち人間が食することになる『畜産』なのである。そこで彼らは畜産とは切っても切り離せない生命倫理について、向き合うことになる。

前回は「田舎と農業」そして今回は「生命倫理」と中々ヘビーなテーマとなっている。あとは「アイドルとウンコの関係」とかアホなテーマに見えてウンコの利用価値について真剣に議論してみたりとか。ウンコウンコ連呼してるのに真面目な会話な当たりがなんともシュール。いや、非常に勉強になった。作者の白鳥先生がウンコについてこれほどまでにリサーチしているとは……。ウンコマスターと呼んでも過言ではないのではないか。ただこの巻発売がきっかけに、先生が誰かと会った時、「あぁ、うんこに詳しいと言うあの白鳥先生ですか!」って言われそうで心配。
それはともかく。
5巻を読み終わって読者である我々も「食と生命」について何かしら感じることが多いと思います。普段食べている肉や野菜。それらは一体どういう経緯を経て食卓に並んでいるのか。そういったことを考えるきっかけになる巻だったと思います。

結論: アイドルはうんこなんかしない!


のうりん 5 (GA文庫)のうりん 5 (GA文庫)
(2012/12/17)
白鳥 士郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/136-673d5f27

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。