Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/144-c843e548

トラックバック

[T5] [ラノベ][イベント][ビジネス][紹介][考察]ラノベのすゝめ講演会

ラノベのすゝめ講演会(TOKYO Web)3/9に開催されましたラノベのすゝめ講演会に行って来ました。講師は『のうりん』などの作者、白鳥士郎先生。のうりんを出版しているGA文庫の白鳥先生

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ラノベのすゝめ講演会


3月9日に秋葉原某所で行われたイベント、

「ラノベのすゝめ講演会」

に参加してきました。

「のうりん」の著者・白鳥士郎先生が「ライトノベル」というジャンルについて語る講演会でした。またゲストとして白鳥先生がデビューした当初からの編集の方と、某書店員を加え、白鳥先生が本論を進める上で、それぞれの立場から意見を出し、現状のライトノベル業界を分析していこうという趣旨。
参加者の多くはラノベ読者でしたが、東京新聞社さんが主催ということもあり、ライトノベルを全く読んだことがないという方もちらほら。中には50代前後とみられる女性の方もいらしゃいましたね

講演の内容についても、新聞読者向けの講演会だったので、「のうりん」そのものを掘り下げると言うよりも、現状のライトノベルという産業についての説明や、こういった現状の中で「のうりん」という作品が生まれてきた背景、そして「売る」ために白鳥先生が考えだしてきた手法をあれこれ上げたりと、割とビジネス寄りな内容になってました。
だからこそ、編集さんの声や、ライトノベルを売る『現場』として最前線の一つである書店での動向を知るために書店員の意見をとりいれたかったのかと思います。

ライトノベル未読者がいると言う事情もあってか、コアなラノベ読みの人にとっては既知の内容ばかりになったかなーとは思いますが、情報の内容はともかくとして、白鳥先生自身が作品を売るための試行錯誤されてきた経緯を知れたのは勉強になったし、講演を通じて先生自体の人柄を知ることが出来たというのは一読者として非常に嬉しかった。

メインの講演会が終わった後質疑応答の時間が同じぐらいの時間設けられたのもよかった。
非常に有意義な時間を過ごせたので参加した甲斐がありました。

ただ、書店員の人が「カリスマ」とかおだてられてて若干調子に乗っていたように感じるのがちょっとあれでしたね。

書店の人はともかく、編集の人と白鳥先生はめっちゃいい人でした! 作品を作っているお二方だけではなく、GA文庫の方々がこのイベントに対して非常に協力的だったからこそ、これほどいい講演会ができたのかなーって感じましたね僕は。
残念なことに今回は参加出来なかった方もいると思うので、是非またこういう講演会をやってほしいですね。
白鳥先生だけでなく、業界全体で作家さんの講演会とかどんどんやって、読者と交流したり意見交換会とかしていったら、もっとラノベ業界は面白くなるんじゃないかなーと思います。
日々ライトノベルを売り続けていく中で、現場からも発信していける何かを模索しつつお仕事をしていきたいですね。

※白鳥先生のブログ 「のうりんのブログ


のうりん (GA文庫)のうりん (GA文庫)
(2011/08/12)
白鳥 士郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/144-c843e548

トラックバック

[T5] [ラノベ][イベント][ビジネス][紹介][考察]ラノベのすゝめ講演会

ラノベのすゝめ講演会(TOKYO Web)3/9に開催されましたラノベのすゝめ講演会に行って来ました。講師は『のうりん』などの作者、白鳥士郎先生。のうりんを出版しているGA文庫の白鳥先生

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。