Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/148-b99d35b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ビブリア古書堂の事件手帖 4巻 感想

栞子さんの母親がついに登場!

1巻からその存在はチラホラと出てきていた、篠川智恵子がついにその姿を現しました。
栞子たし姉妹を捨ててビブリア古書堂を出て行った母親が戻ってきた真意とはなんなのか。

謎につつまれていた篠川智恵子という人物が現れたことで、ビブリア古書堂という古書店の歴史と、栞子さんの過去、家族関係が明らかになりました。
そして二人の関係も一気に進展! 

4巻で、この作品も一つのピリオドが打たれたのかなという感じ。このまま終わっても問題ないぐらいこれまでのエピソードを踏まえたうえでの作りとなっていました。まぁこれだけのヒットタイトルがここで終わるってことはないのでしょうけど。
次は智恵子が追いかけて家を出て行ったという古書が焦点になるのかしら?

冒頭から震災について言及しているシーンもあり、やはりあの出来事はこういったエンタメ作品にも大きな影響を与えているのだなぁと。

まとめ。

今回も栞子さんかわいかったよおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!! ドラマなんかなかった!


ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上 延

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/148-b99d35b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。