Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/165-fc74b057

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブラック・ブレット 5巻 感想


東京滅亡の危機から救った英雄となった蓮太郎だったが、天童民警会社は相変わらずの経営状態。復讐の一端を成し遂げた木更もその『悪』の部分はなりを潜め、一時ではあるが、平和な日々が戻ってきたかに見えた。
しかし、唐突に持ちあがった木更の縁談。動揺する蓮太郎の元に、かつての学生時代の友人から依頼が入る。その依頼が発端となり、蓮太郎は大きな事件の渦へと巻き込まれていく。

4巻まではガストレアの脅威という外側の危機に対し、今回はランクが上がった蓮太郎や、木更の『天童』との因縁。『ガストレア』とはそもそも何なのか。そして蓮太郎に施された技術、その先にあったものとは。
等、物語の根本にかかわる謎、そして周囲を取り巻く人間関係や組織といったものが今回のお話の中心となっていました。

希望と絶望。そして正義と悪というのがこの作品通してのテーマとなっている感があるわけですが、今回も絶望だった。
「ヒーローなぞこの世にいない」という現実を突き付けるかの如く、ピンチには誰も助けに現れず、誰も助けられず、力も身分も取り上げられ、組織の暗躍になすすべもなく全員が孤立し絶望の淵に追いやられる。
重い。読んでて辛いものがある。しかし、絶望的な状況にありながら、少しずつ希望の兆候が見え隠れするわけですよ。
その小さな希望が少しずつ集まっていく後半。「さぁ、これから反撃開始!」ってところで

以 下 次 巻 

ひどい、あまりにもひどい! 
読み終わった後頭かきむしったぐらい酷い。続きを、続きをよませてくれえええええええええええええええええ!!!!!!! 

確かに気になりすぎる引きで発狂しそうになりましたが、それだけ物語は作りこまれてて読ませる力はすごく感じた。
1年近く新刊出なくてやきもきしてましたが、この出来ならしょうがないですわ。
幸い今回続きは割と近いうちに出るっぽいので、4巻までしか読んでいないという方は絶対6巻出るまで待った方がいい。そして5・6巻一気に読むことをおススメします。ただ、6巻で今回の話が完結するかどうかはわからないんですが……

神崎先生、早く続きを読ませてくださいお願いします

ブラック・ブレット (5) 逃亡犯、里見蓮太郎 (電撃文庫)ブラック・ブレット (5) 逃亡犯、里見蓮太郎 (電撃文庫)
(2013/07/10)
神崎紫電

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/165-fc74b057

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。