Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/182-aa3c4c33

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「問題児たちが異世界からくるそうですよ? ~撃て、星の光より早く!~ 」感想!

※この記事は多分にネタバレを含んでおり、ネタバレNGな人はすぐさまブラウザバックをすることを推奨いたします。また気持ち悪いぐらい興奮しているため、まともな文章になっていない可能性があります。あらかじめご了承ください。










そんなわけで「問題児がたち異世界から来るそうですよ?」シリーズ最新巻を読破したわけです。
ついに、ついにアジ・ダカーハとの戦いに決着が!
この話始まったあたりからアニメやらなんやらの影響なのか途中で短編集挟んだり(これはこれで好きですが)前回もページ数的に薄すぎて「とりあえず定期的に新刊だしてます……」的な体で、どんだけおあずけ状態やねん! ってな感じでこの作品のファンとしてはやきもきしてたわけですが、読了後はそんなもやもや感を全て吹き飛ばして余りある興奮と感動の渦に巻き込まれたわけです! 

そもそも今回も若干ページ数的に物語の盛り上がりとか大丈夫かなぁ?とか今にして思えば全くいらん心配をしていたわけですが、読みだし時点で既に「なんでこんな状況になってたんだっけ?」とか前の話を大分忘れていたり、問題児シリーズにおいて必須スペースである謎解きパートが小難しかったり、途中で十六夜が例のネコミミヘッドホン装着してみたりと気もそぞろになる部分があったりしたわけですが、まぁそんなものは最終戦まえの最後の日常であったわけですよ。
最終戦開始からの怒涛の展開にページをめくる手は止まらなくなり、とにかくジャックが、ジャックが! 
ジャックの最後のシーン。アジ・ダカーハとの会話。涙なしには見られないシーンでした。泣いた。その部分5回ぐらい読んで泣いた。
今まで積み上げてきた全てと未来さえなげうち、『悪』となって絶対悪へと対峙するジャックの背中は「キャラクターの死とはかくあるべき」とも言えるような壮絶な最期だった。

そしてジャックが命を賭してむき出しにした心臓に見事槍を突き立てたであろうはずの十六夜の涙と『敗北』の訳とは一体なんなのか!?
そしてウロボロス側の動きや殿下の支援の理由やその他気になることが山積みですが、とりあえず「人類最終試練」に打ち勝ったノーネーム、いや「アルカディア」の面々と一緒にひとまず大きな戦いを乗り越えたことを共有していたい。

この話を読み終わって「いやー、面白かった! シリーズファンは早く読めよ!」的な感じではなく、

読み終わったぜええええええええええええうおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!! 興奮したあああああああああああああ!!!!!!!


という本を読んで興奮したぜ! 感動したぜ! というパッションを記録しておきたいがための記事でした!

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 撃て、星の光より速く! (角川スニーカー文庫)問題児たちが異世界から来るそうですよ? 撃て、星の光より速く! (角川スニーカー文庫)
(2014/07/31)
竜ノ湖 太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/182-aa3c4c33

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。