Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/20-cce51f12

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ライトノベル売上向上指南 3

みなさんこんばんは。飽きっぽいことに定評があるトランペです。

2日かけて書いていた記事がうっかり消えたりして精神に多大なダメージを負ってしまい、そのショックからなかなか立ち直れず大分時間があいてしまいました。まぁ別に自己満ブログなんで問題ないですが。
後はコミケがあったりサイン会があったりして時間とれなくて……言い訳かっこわるい!

今回は、具体的にどのようにラノベは発注すればいいのか。というのを紹介していこうと思います。なんかようやく本題に入った感がありますね。最初に書けよと。
これはあくまで、僕が個人的に行っている発注方法なので、100%確実とは言えませんし、もっとうまいやり方があるかもしれません。
が、少なくとも僕はこの方法で売上を伸ばしましたので、ある程度は効果があると思います。
もし書店員さんがこのブログを見て、「自分は他にもこういうことをやっている」ということがあるなら、是非ともご教授願いたいです。


さて。
書店員にとって、商品の発注というのは一番重要な仕事です。
売れる商品を・売れるタイミングで・売れるだけの数をいかに確保するか。これが売上を左右する重要なファクターです。
ディスプレイとか平台展開とかももちろん重要ですはありますが、それについては後述しましょう。

売れる商品と言うのは、『新刊』『メディア化商品』『売上が伸びてきた商品』などが考えられます。
王様のブランチや、金スマなどのテレビ、新聞の広告蘭に載ったりすると問い合わせが急増する場合もありますが、ラノベは基本的にそういうイレギュラーなことはあんまり起きないのでこういう場合は除外して考えていいでしょう。

売れるタイミングというのは、新刊の発売日、アニメ・映画放映中期間前後などですね。

売れるだけの数というのは、一定の期間内でタイミング良く在庫が山なりの曲線を描けるかどうかということです。例えば新刊なら発売日に在庫MAXで、次の新刊が出る時に少部数になるようにする。アニメ放送開始時に在庫MAXで終了時に在庫が少数になるようにする。いわゆる最適在庫というやつですね。

商品はただがむしゃらに発注すればいいというものではありません。まぁ当然ですよね。
本という商材は、委託制度を取っているので、返品することができます。だから理論上は無限に発注することが可能です(誰もそんなことやりませんけど)しかし、当然ながら店における在庫量には限りがありますし、どの程度自分のジャンル内で在庫を持っていいかというのも店ごとに決まっているでしょう。
それと、『本』という形態をとっているとはいえ、店のから見ればお金と変わりありません。
なので、ストックに関してはどこのお店もそれなりに気を使っているはずです。ストックに入れて売り損じするぐらいなら返品して現金化した方がまだましですしね。
ちなみに僕も当然ながら「ストッカーは最低限にしろ」と言われてますが、ガン無視して在庫確保しまくりです。ただそれでもうるさく言われないのは、売上に関しては信頼されているのでしょうか。単に諦めてるだけかもしれませんが。まぁ完全に売れる余地のなさそうなのはさすがに返品してますし、棚卸時に少なくなってりゃいいんでしょ? って考えなので、年間での在庫で考えてりゃいいかな的な? 売り損じするぐらいなら、ある程度の在庫抱えていたいんだよ! これは長期的にみて売れる商品だし、将来品薄になりそうだからとってあるんです! とかいって毎回言い逃れしてるのが僕です!

とまぁ僕の話はどうでもいいとして、こういう店ってあんまりないので、在庫管理は厳しくしているのが普通だと思います。

決められた売り場面積、決められた在庫数で、如何に売上を伸ばし、返品を少なくするか。これが書店員としての力量を問われる一端でしょう。返品については後述。


では、「実際に売上をとるための売り場」にするには、どのタイミングで、どの程度の量を発注すればいいのか。

というのを次回! レーベル別に説明していこうと思います! まだひっぱるよ!

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/20-cce51f12

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。