Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/33-614205d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

六蓮国物語 感想

ビーンズ文庫で刊行中の大人気作品、「身代わり伯爵」シリーズの作者が贈る、中華皇宮ファンタジー!

なんか帯に書いてあるチープな煽り文句みたいになってしまいましたね……。

少し売上的な話をしましょう。
1・2番手がぶっちぎりすぎて陰に隠れてますが、身代わり伯爵シリーズはビーンズ文庫の中でも3番目ぐらいに売れてます。
まぁ男子レーベルメインのラノベ読みはあんまりぴんとこないかもしれませんが。
部数的にも120万部を突破し、下手な男子系ラノベより断然売れてます。女子は一度ヒットすると息が長い。

そんな大人気作品を手掛ける作家の新作。
身代わり伯爵シリーズはちょっと長くて手が出せなかったのですが、これはかなり気になったので購入。
ぶっちゃけ発売当初は「なんかこの新作売れてるなー」ぐらいの認識だったのですが、帯とかよく見たら身代わり伯爵書いてた人でした。
そら売れるよね。
あっという間に品切れになり、当然追加も入ってこない。ふぁっく! 
「作家買い」ってラノベ業界ではあんまりないと言われていますが、女子は割と作家買いしてると思います。BLなんか特にそうだし。

とはいえ、1巻は作家の知名度で売れても、2巻以降は純粋に話が面白くないと売れないというのも事実ですが。

さて、肝心の感想ですが、

「女子作品」のお手本のような話でした。

正直なところ、中華・皇宮・恋愛・政治 って売れ筋女子作品のテンプレみたいなネタなんですよね。男子でいうと学園ラブコメみたいなものでしょうか。
後はキャラと他の設定でどこまで料理できるかというところなんですが……

酷評してるみたいですが、普通に面白かったですよ。武闘派ヒロインだし。
実績を出している人の文章なので、スッキリして読みやすい。ネタがありふれているからこそ作家さんの地力の高さを感じました。
ただ、中華系の話だと特殊な読み方する漢字が多くて、僕は名前を覚えるのが一苦労でした。バカですみません。
後は女子向けだからしょうがないかもしれませんが、もうちょっとバトルの時にページ使って緊迫感とか迫力を出してほしかった。あれなんか前にも違う作品でこんなこと書いた気がする……

良くも悪くも「1巻」な感じ。オーソドックスで丁寧にまとまってますね。
メインの2人の関係とか、それぞれの素性とか、触れたけど明かされていない場所は沢山あったので、2巻以降も十分期待できる面白さでした。

女子作品をあまり読んだことがない人も、この作品を機に読んでみてはいかがでしょう。おすすめです。

六蓮国物語  王宮の花嫁武官 (角川ビーンズ文庫)六蓮国物語 王宮の花嫁武官 (角川ビーンズ文庫)
(2011/09/30)
清家 未森

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/33-614205d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。