Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/44-af054c14

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

書店員とWEBサイトの関係


先日、某ラノベ読みさんからこんなことを聞かれました。

「書店員は『アキバBlog』などのインターネットサイトは、発注・売り場作りの際にどの程度参考にしてるのですか?」

 結論から言うと、全くと言っていいほどこの手のサイトは発注の参考にしていません。
まず一つとして個人的に『感想サイト』というのが好きではなかった。ネタバレを食らうのが嫌だと言うのと、自分の意見と合わなかった時に絶対もやもやするだろうなーと思って、今までなるべく見ないようにしてたんですよ。
まぁ実際に自分で感想サイトを運営してみると、単純に感想を書くだけという以外にも色々使い道が見えてきたので先入観で忌避するのはやっぱりよろしくないということがわかってきましたが。
 
 それはさておき。
 僕が今まで発注の参考にしているのはツイッターオンリーでした。これはアニメ化などのメディアミックス情報がいち早く入ってくるからです。
アニメ化などの情報が出回れば当然全国の書店で展開するため、出版社に在庫がなくなります。基本的に商品の確保は早い者勝ちなので、情報が早く入ってくればそれだけ有利になります。
逆に言えば僕がいままでインターネットに求めていた情報と言うのは「メディアミックス情報」だけということになります。
ツイッターを利用始めた当初はタイムラインで見かけるラノベ読み達の感想を真に受けて、むやみやたらと展開してたりしたのですが、うん、まぁ、人の好みは千差万別だよね!
 とまぁこのように「インターネット上の声はあまり参考にならない」というのを実績と共に実感しているので、ネット上での評判は軽視してるわけではないけど、そこまで重要視もしていないというところでしょうか。


そもそもアキバblogさんなんかで記事になるのって、当たり前ですが新刊が「発売した後」の反響。
書店側(少なくとも僕は)が新刊の追加発注をするのは『発売日当日』か発売日前日。つまりそういう記事によって売り上げは左右されるのかもしれないけれど、僕の場合はその記事が出てきた段階で既に追加発注はかけおわっているのです。
有名サイトで紹介されると出版社側に注文が増えるでしょうからその時に発注していてはすでに遅いんですよ。
アニメ化の発表なんかだと2chあたりでバレするのが早く、すぐツイッターでRTされたりまとめブログが記事にしたりするので、大手サイトはその手の情報は若干遅いイメージ。
なので、僕にとってはアキバブログとかチェックする必要性をあまり感じなかった。
逆に言えばそういった情報をチェックしなくても、「この商品がいきなり売り切れた」という現象がほとんど起きないので、うちの店のメイン客層はそれほどWebサイトでの記事の影響は受けてないんだと思います。
継続的に動きがいい商品というのは当然いくつか存在していますが、それらが売れた原因が「WEBサイトで紹介されたから」ってだけではなく、いくつかの情報ネットワークで何度も取り上げられたからこそだと思うんですよ。
しかし、そういったサイト類を全くチェックしていない僕としては、売れた原因というのがWEBで取り上げられたからなのか、それとも学生たちのネットワークなのかが判断できない。
 
というかWEBサイトで紹介された作品って大体は既に展開してある商品だったりするので、僕のカリスマ()っぷりが伺えますね。 うそですごめんなさい石をぶつけないで。


やっぱり、売れる商品やジャンルって店によって本当に全然違うので、自分の店でどういうジャンルが強いか把握していれば、後は新刊の売れ行きで大体「このタイトルこれから話題になりそう」ってわかるんですよ実際。
 ただ「これから売れるかもしれない」って作品をなんでもかんでも平台で展開するには結構スペースが広いお店じゃないとできないので、作品をある程度しぼらなければいけないような店舗さんだとWebサイトでの記事を一つの目安として展開するというのも当然ありだとは思う。
 あとは売り場作りに際して、いくつかのWebサイトを固定しているのであれば、「このサイトで紹介されました」というPOPを日常的につけていれば、お客さんもそのサイトの存在を意識するようになるだろうし、使い方次第だとは思います。

 僕は今まで、殆ど売り場作りの参考にはしてきませんでしたが、こういうお話を聞くと気になりますし、自分の店でも取り入れられそうな要素があれば取り入れていきたい。今後はこういった記事の内容と売上のデータと意識して照らし合わせていこうかと思います。
 また実際にこういう記事使って商品展開している書店員さんのお話も聞けたらいいですね。


結論としては「僕は見てないけど、今後ちょっと注目するよ」という内容を無駄にグダグダ書いてしまった感があるな……。みてないからなんともいえないのにね。
あと途中新刊と既刊の展開がなんかごっちゃになってるし。もうちょっと文章力鍛えたいね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/44-af054c14

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。