スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新成人に贈りたいラノベ10選

ライトノベルって子供がよむもの? いいえ、きっと大人でも読めます。
今日は成人式ですね。
その後にある同窓会の席でビール飲みすぎて盛大に二日酔いになり、それ以降ビールが飲めなくなってしまったという苦い思い出があります……。

そんなどうでもいい話はさておき。
『大人』になった貴方に読んでほしいラノベをピックアップしてみました。

大人でも読める云々はともかく、プレゼント向きなのを頑張って選んでみたよ。暇つぶしにでもどうぞ。

十二国記
「これが、あなたが生まれた時に発売されたライトノベルだよ」そういって渡してあげましょう。
スレイヤーズくるか! と思ったら、スレイヤーズはなんと22歳。ちなみに2年後はオーフェンで同じことをいう予定。
他にも頑張って調べたんだけど、調べきれなかったのであきらめた。
月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(1992/06/11)
小野 不由美

商品詳細を見る


イリヤの空UFOの夏
「14歳っていいなぁ」大人になってから読み返すとそんなノスタルジックな気分になれる。かも。「14歳はぁはぁ」みたいな意味じゃないのであしからず
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る


ビブリア古書堂の事件手帖
ラッキースケベなんて卒業して、栞子さんのおっぱいに目覚めるべき。えっちなシーンはなくても大人はエロい妄想がいくらでもできる。
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


キノの旅
初心者御用達のタイトルではあるが、老若男女問わずオススメできるタイトル。汎用性高すぎてどのシーンでも活躍できます。こうして電撃信者が増えていくわけですね。
キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
(2000/07)
時雨沢 恵一

商品詳細を見る


ミミズクと夜の王
このタイトルに限らず紅玉さんの本は絵本のような印象を受ける珍しい作風。イラストもラノベラノベしてないし、作風としては女性向けのプレゼントとしてどうぞ。
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る


とある飛空士への追憶
恋歌・夜想曲は戦争色が強いので、追憶がやはりベスト。単巻モノだし。表紙のイラストがすばらしいので、文芸版より文庫版を推したい。
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
(2008/02/20)
犬村 小六

商品詳細を見る


マルドゥック・スクランブル
僕が冲方丁大好きだからという贔屓目を多分にいれつつ、そもそもハヤカワはラノベかどうかという問題もさておき、冲方作品はある程度知識や教養がついてくると更に面白さ・奥深さが理解できる。テスタメントはさすがに人を選びすぎるからやめた。続き頼むよ。
マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 1st Compression 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/10/08)
冲方 丁

商品詳細を見る

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/10/08)
冲方 丁

商品詳細を見る

マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル The 3rd Exhaust 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/10/08)
冲方 丁

商品詳細を見る


僕は友達が少ない
純粋におすすめ、というよりは「今のライトノベルってこんなんだよ」っていうタイトル。受け入れられるかどうかは二の次。ブリキ絵がエロくて最高。
僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)
(2009/08/21)
平坂 読

商品詳細を見る


とある魔術の禁書目録
ラノベ業界説明用タイトルその2 あまりにも量が多いので正直プレゼントには向かない。しかし成人して仕事始めれば大人の経済力でカバーできるはず。むしろプレゼントするときに27冊まとめてプレゼントして自分の大人力をみせつけよう!
とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)
(2004/04)
鎌池 和馬

商品詳細を見る


涼宮ハルヒの憂鬱
ラノベ業界説明用タイトルその3 やはり世間に『ライトノベル』という存在を知らしめたのはこの作品の影響なしには語れないでしょう。
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流

商品詳細を見る


正直最後3つはプレゼント用とかもうどうでもよくて、「20歳になったから新しい事始めてみたいけど、そういやライトノベルってのが流行っているらしい。そもそもライトノベルってなに?」って人用。


いかがでしたでしょうか? 
基本的に、ライトノベルというモノを読んだことがない大人に渡すということを主眼に選んでみました。
批判や自分の意見等あるかと思いますが、そこはまぁそれ。
後半とか明らかに10個選びきれなくて方向転換した感じがひどいですね。
こういう考えでラノベチョイスしてみると、今のラノベ読む年代層がいかに狭いのかというのを改めて実感しますな。
ラノベはともかく、『本をプレゼントする』って素敵なことですよね。
みなさまも誰かに贈り物をしたい。そう思ったときは書店でプレゼントを選んでみるのもいいのでは?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

アクセス

プロフィール

trumpe3128

Author:trumpe3128
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。