Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/81-5fdb742f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

エスケエプ・スピヰド 感想



大人になった今、虫はなんだか苦手です。子供のころは素手であんなに捕まえまくっていたのになんでなのでしょうね。
ちょっと前に夏の川べりをバイクで走っていたら、ヘルメットが虫の死骸まみれになったことがあり、今でも軽くトラウマです。小さい虫程面倒くさい。

それはともかく。

第18回の電撃小説大賞の大賞受賞作である、「エスケエプ・スピヰド」は<鬼虫>と呼ばれる虫型戦闘兵器を操る少年と一人の少女の物語です。
電撃大賞って今や5000以上も毎年応募がくるらしいですね。下読みする人も大変だこと……まぁこうしてライトノベルというジャンルに積極的に関わってくれる人が多いということは嬉しいことですね。


そんなこんなで以下感想。


文章自体は凄く好き。ちょっと固めの文章だが、グイグイと話を引っ張っていく感覚。一部では「ポスト秋山」なぞとも言われているけど、確かにそんな感じする。秋山系の文章好きな人はおススメですね
して肝心の内容ですが。
上記でも軽く触れましたが、兵器と少女の話ですよ。
戦争によって壊滅状態になった近未来。最強の兵器<鬼虫>として生き残った少年と、20年間冷凍睡眠によって眠り続けていた少女が出会う。
「兵器」としてしか存在していられなかった少年が、少女との交流によって少しずつ「人間」に近付いて行くそんなお話。
終末世界のサバイバルとか、途中途中のバトルとか、同じ<鬼虫>との戦闘とか、パーツパーツの部分は好きだし、文章もカッコいい。戦闘シーンでの緊迫感・勢いは新人レベルとは思えないほどゾクゾクした。
でも「戦闘だけ」なんだよねー。他にも色々気になる部分が色々あるのに、その辺が全然解明されてない。確かに「九曜と叶葉」だけの物語とすれば全然問題ないんだけど、戦争背景の説明とか、最初に出てきた伍長さんの関連性とかもうちょっと深く書いてくれれば個人的には完璧だったのに。
蜻蛉もなんか最後だけ急に人間味を持たせてたけど、キャラとして悪役感が中途半端だったかなぁ。
個人的には「新人賞デビュー作は読み切り」っていう概念が勝手にあるので、1巻で謎が一杯残るとむにゃむにゃする。
ただし続きがでるにしろ、別の作品を出すにしろ、ここまでの文章力を見せつけられたのであればチェックせざるを得ない。「作品の続き」ではなく「作家の続き」が気になった作家さんは久しぶりなので今後も注目である。

エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)
(2012/02/10)
九岡 望

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/81-5fdb742f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。