Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/97-a0413e5a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

楽聖少女 感想

今から10年前。
高校生だった僕は吹奏楽部に所属してました。使っていた楽器は言わずもがな。
合宿・コンクール・定期演奏会。練習は全然ぬるかったですが(強豪の吹奏楽部の練習は凄くハードです実は)それでもみんなで頑張り、充実した高校生活だったなぁ(遠い目

というかもう10年ですか。その点が微妙にショックだわ……。あのリア充だった過去の僕は一体どこへ行ってしまったのか。むしろどうしてこうなった。

それはさておき。

「さよならピアノソナタ」「神様のメモ帳」「生徒会探偵キリカ」等で有名な杉井光先生待望の新作が今月10日に電撃文庫から発売されました。

楽聖少女

イラストは神メモでおなじみの岸田メル先生。杉井&メルのタッグときたらこれは否が応でも期待値は高まるというものです。
電撃文庫にとっては「神様のメモ帳」というアニメ化作品後のタイトルなので、読者のハードルもかなり上がっている。そんな中一体どんな話を繰り出してくれるのか。

あらすじ。
高校生の少年が図書館で「メフィストフィレス」と名乗る悪魔と遭遇し、過去に連れていかれてしまう。悪魔の目的は「若返ったゲーテとなり、世界の全てを愉しみ尽くさせ、その後、魂を奪う」というもの。
自分の境遇も、名前も、家族も何もかも奪われ、200年前の作家・ゲーテとなった高校生の少年「ユキ」。
彼が200年前のドイツで目にしたものは、数々の著名な作家・作曲家たちだった。
「世界に感動したら魂を奪われる」
悪魔とのそんな契約をしてしまっているユキはなるべく心を動かされることがないようにしようとするが……。
果たしてユキは元の世界に戻れるのか。そしてゲーテが何故悪魔と契約したのか。岸田メルは何故金色になってしまったのか(違う
そんな感じで物語は進んでいく。

以下感想。

「安定の杉井作品」という言葉がぴったりくる作品でした。
面白さもそうだけど、「杉井光」というテイストの安定感や安心感が凄いですねー。
秀逸な描写、主人公の心境の変化、話の作り方。それぞれ特徴的でありながら、作品を追うごとにレベルアップしているのがよくわかりますね。
非常に面白かった! 
キリカの時もそうでしたが、名前に関する思い入れというか、名前を使った文章的ギミックというか伏線張られると絶対感動しちゃうんですよね。
ラストの一文で全て持っていかれた。完璧なラストとはこのことである。
そして最後まで読み終わった人はもう一度頭の部分を読み返してほしい。それで全ての謎が解けるのである。
「最初の文章はこういう意味だったのか」と。

ちなみに僕は吹奏楽部出身ですが、与えられた楽譜を適当に吹き鳴らしてたレベルなので、音楽的な歴史とかは全然全くこれっぽッちもわからない人です。そんな予備知識があってないような僕でも十分楽しめました。


あとメフィストフィレスたん可愛過ぎてヤバい。
きまぐれエッチな年上のお姉さんキャラなのに、犬耳ですよ犬耳! 猫っぽい性格にしておいてオプションは犬耳とかうひょおおおおおおおおお!!!!!! 
作品自体も凄く面白かったんだけど、
うわあああああああああああメフィストフィレスたんかわいいよおおおおおおおおおおお!!!!!犬耳prpr!! 

っていう作品で最終的に落ち着いた。
あれ? どうしてこうなった……。
犬耳おねえさん好きな貴方にオススメの一品です!

楽聖少女 (電撃文庫)楽聖少女 (電撃文庫)
(2012/05/10)
杉井 光

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://trumpe3128.blog.fc2.com/tb.php/97-a0413e5a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。