Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生 6巻 感想

アニメ化だああああああああああああああああ!!!!!!!

あの人生相談ラノベというかつてないコンセプトを元に、ガガガ文庫から出版された川岸殴魚先生が描く抱腹絶倒ギャグラノベ「人生」がまさかのアニメ化!

「人生」というワードだけじゃ検索に引っ掛かりすぎて問い合わせを受けた書店員泣かせのあの「人生」がアニメ化である!

そんなこんなで6巻の感想。

世はクリスマス一色。
カップルはところかまわずいちゃつきまくり、サービス業は全般的にかきいれ時のため大忙し。ええ、本屋もご多分にもれずラッピング祭りでカウンター裏は戦場です(私信

そんなクリスマスを前に「クリスマスパーティをやりたい!」と言いだたいくみ。なんやかんやで生徒会長が主催するリッチでリア充なクリスマスパーティと第二新聞部が主催する非リア充たちのクリスマスパーティどちらが優れているかを対決することに。
クリスマスパーティの準備を行いながら、非リアたちの相談を毎度のごとく面白おかしく解決するようなそんな内容。
さて、勇樹たち第二新聞部が主催するクリスマスパーティとはどうなったのか……

とまぁそんなあらすじ。

5巻以降なかなか新刊が発売せず、「これはまさか……」と若干残念な想像をしていたのだが、まさかまさかの逆転ホームランですよ。前回から時間があったため、ギャグのクオリティも大分上がってて、クリスマスムードで疲れた心を笑いの力で吹き飛ばしてくれました。

アニメ化だし、もう読者からの相談なんてうけないんだろうなーと思っていましたが、あとがきでしっかり募集されてるじゃないですか!
アニメ化作家に人生相談するチャンスですよ皆様!


ということで相談の応募方法ですが、川岸先生のブログより転載しつつ若干修正。


☆応募方法☆

応募はメールまたは僕のツイッターのアカウント(ougyo_kawagishi)へのリプライまたはDMで。
こちらからリツイートすることもあるかと思いますので、匿名をご希望の場合はDMかメールでお願いいたします。
メールはこちら↓

jinseisoudan@live.jp

相談内容と、相談者のお名前(仮名でお願いしますね)をお送りください。ツイッターは140文字までなので、長いものはメールでお願いします。


☆応募期間☆

2013年11月19日より2013年12月19日まで。
本当になんでも大丈夫ですので、気軽に送っていただければと思います。ご応募お待ちしております!



応募の内容がアニメに採用されたりなんかするかもしれませんね(夢
みんな「人生」を読んでガンガン相談を応募しよう!

ちなみに僕は「どうすれば、身長150cmぐらいで年下のかわいい眼鏡とエプロンが似合う仕事がバリバリできるクールな女の子が入社しれくれますか?
という相談を応募をしようと思ってます。

人生 第6章 (ガガガ文庫)人生 第6章 (ガガガ文庫)
(2013/11/19)
川岸 殴魚

商品詳細を見る

グラウスタンディア皇国物語 感想


世は大ファンタジー時代!

去年あたりからある軍記・軍師モノの流れからを受けてなのか、グランクレスト戦記の大ヒットを皮切りに、現在のラノベ業界は続々と戦記ものが刊行されております。
1つの流れが出来るとうわーっとそのジャンルに偏ってしまう隙間産業に若干戸惑いを覚えてはしまいますが、やはり富士見ファンタジア文庫で育ってきた自分としてはなんという俺得な流れ。まぁこのブームも一過性にすぎないのはわかってはいるのですが、自分が気にいった作品が打ち切られないことだけを祈っております……。

まぁそんな重い出だしからはさておき、氾濫するファンタジー群の中で自分が読んで「これは!」と感じた作品がHJ文庫から発売された

「グラウスタンディア皇国物語」

である。
最初はジャンルとかなんもわからず、鵜飼沙樹さんイラストということだけで無条件購入をしたのですが、なかなかどうして内容もすげー僕好みだった。
大人主人公! そして男メインの表紙!(一応女の子3人映ってるけど)
1巻というのはどうしてもキャラ見せの要素が多くなってしまうものですが、主人公・クロムの経歴と活躍。5年前にはいなかった「妹」と名乗る少女・リュリュの謎、クロムも含まれる『皇国七聖』や彼の主・ユースティナとの関係性、各国とのパワーバランス、その外側にある『世界観』。1巻で見せなければいけない要素は様々あれども、「1巻」で見せる部分は見せつつ、隠す部分は隠しながらしっかりと話をまとめていた。
長期シリーズを予感させるまだスタート地点だが、非常に先が期待できる作りの1巻だったと思う。
文章は割と固い感じだが、純ファンタジーとしてはこのぐらい地の文が固い方が好みである。
三人称でストーリー重視な内容になってしまうと、どうしてもキャラクター性が弱くなりがちではあるのだが、そういうデメリットも多少ありつつもそれを補って余りある面白さだったと思う。

軍師タイプの主人公が戦争の最前線でバリバリ活躍するタイプの軍記物なんですが、女の子の匂いがあんまりせず、ハーレムラノベレーベルの名をほしいままにしている(嘘)HJ文庫に一体何が起こったというのか!?
というぐらいの驚きである(大げさ

初速好調、重版も決まり、最近厳しいラノベ業界の中でもやはり面白いモノはしっかり評価されるんだということを見せつけた作品ではなかろうか。

「ファンタジーはもういいわー」って思っている人でも、この作品は是非読んでいただきたいタイトルです。

グラウスタンディア皇国物語1 (HJ文庫)グラウスタンディア皇国物語1 (HJ文庫)
(2013/10/31)
内堀 優一

商品詳細を見る

この素晴らしい世界に祝福を 感想


悔しい!(ビクンビクン


WEB発の書籍化作品はどうしても最初抵抗感があるのですが、結局面白くて毎回ぐぬぬせざるを得ないという状況に陥る。
今回そんな悔しい思いをした作品はスニーカー文庫から発売された
「この素晴らしい世界に祝福を」
である。

「まーたなろうお得意の異世界召喚かよ。もういいよ飽きたよ」

とは思いながらもページをめくる。

女の子を助けようとして死んでしまった引きニートのサトウカズマ。彼の魂?の前に現れたのはアクアと名乗る女神だった。
「なんでも一つ能力でも武器でも上げるから異世界で魔王退治しろ」
というアクアだったが、彼女の微妙に失礼な態度にカチンときたカズマは「じゃああんたをつれていく」といって嫌がるアクアをお伴に異世界へと転生する。
しかし能力は高くても頭が若干可哀想な女神のアクアは生活能力は皆無。逆に無能力なまま異世界に行ってしまったカズマは引きこもりだったとは思えない程の生活スキルを発揮し、なんだかんだで二人で冒険者になった。
「魔王退治」を掲げるも、そんな二人の元に集まる人たちは能力は高くてもどこかおバカな人たちばかりで前途多難な魔王退治パーティーが結成された。

そんなお話。
序盤の文章はなんとなく微妙な感じがしていたんだが、キャラクターの割にちょっとおかしいという設定を上手いこと使って笑いをとる技術は素直に凄いと思った。
真面目にやっていて結果もいいはずなのに致命的に間が悪い。
そんなアレ。

まとめ。
ダクネスのド変態っぷりが最高だと思います。

この素晴らしい世界に祝福を!     あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)
(2013/09/28)
暁 なつめ

商品詳細を見る

のうりん 7巻 感想


夏だ! 海だ! 沖縄だ!


それは高校生にとって最大のイベント。
そう、「修学旅行」である!

海がない県・岐阜から飛行機にのりやってきたぜ沖縄!青い海、白い雲、そしてFreeダムな水着姿の野郎共!?

初めての海に浮かれまくる耕作達だったが、その道中で知り合った謎の美少女・群雲りく。
かつての林檎とアイドル時代から知っているりくが耕作に近付いた理由とは……?


今回は全力全開での水着回。ヤバいと思ったが性欲を抑えきれない1冊となっておりました。
カラーページから大暴走だし、その他色々清々しいまでに下心全開であっぱれである。
前回までは若干重たげな雰囲気だった反動なのかもうなんか色々酷い(褒め言葉
こういうバカな高校生のノリをしつつも真面目に沖縄の農業について触れていたりしていて「のうりん」らしさは忘れない。

バカばっかりしていたかと思いきや、最後はしっかり青春ラブコメしていました。
これで耕作と林檎の関係は進展する……のかな?

ここまではっきりさせてしまうと物語的にも佳境な部分に入ってきたのかなーと感じざるを得ませんね。
終わりが見えるのは若干寂しいような気もしますが、ダラダラやるよりしっかり綺麗にまとめてくれた方がいいなーと個人的には思います。

なにはともあれ1月からアニメがスタートする「のうりん」を是非読んでみてくれよな!(宣伝

【Amazon.co.jp限定】のうりん 7 イラストカード付 (GA文庫)【Amazon.co.jp限定】のうりん 7 イラストカード付 (GA文庫)
(2013/09/17)
白鳥 士郎

商品詳細を見る

東京レイヴンズ 10巻 感想


第二部開幕!

現在アニメが大絶賛放送中の「東京レイヴンズ」ですが、原作は9巻で、物語の重要なターニングポイントを迎えました。
夏目の死、そして夜光へと転生を果たした春虎は夏目を生き返らせるべく「泰山府君祭」を行い、夏目を生き返らせることには成功したが、春虎はかつての従者、飛車丸・角行鬼と共に姿を消した。
そして物語は新たなステージへと進んでいく。

新キャラ登場!
とある場所へと預けられた夏目。その場所で夏目を迎えにきた一人の少女。名前は秋乃。彼女はとても珍しい兎の「生成り」だった。つまりバニーガールである。エロい。
いやもちろん、かのあざの耕平のやることであるから、当然ただのバニーちゃんであるはずもなし。その出自からして重要なファクターであることは間違いない。
名前も春→夏 ときて「秋」である。これはもう一人「冬」が出てくることはほぼ確実か? え?まだ重要キャラ増えるの?

そして姿を現した「春虎」と名乗る人物は果たしてかつて「夜光」と呼ばれた人物なのか、それとも「春虎」のままなのか。
2部スタートの最初の巻だけにまたしても気になる人物はチラホラ顔だけだして、重要なワードで伏線張りまくりでもういい意味で酷い。

10巻のまとめ

コンがかわいかった! 以上。


東京レイヴンズ10  BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)
(2013/10/19)
あざの 耕平

商品詳細を見る

Appendix

プロフィール

トランペ

Author:トランペ
ライトノベルを売る毎日

連絡がある方は↓まで。
mail: trumpe3128☆gmail.com

☆→@に変えてどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。